看護実習で学ぶこと

看護師になるために、看護学校ではさまざまなことを学びますが、例えば、包帯の巻き方は本を読んだだけではできません。

寝たきりの人の苦痛や、介護の辛さは、本を読んだだけではわかりません。それらを実際に体験し、実践し、学ぶのが「看護臨床実習」です。

学校で行なうこと

実習に先立ち、学校では、看護の基礎や専門分野について学習することはもちろん、実際に学生同士で看護技術の演習(学内実習)を行ないます。

学内実習の内容や方法は学校によって違い、人形を使って傷の消毒の練習を行なったり、学生同士で経鼻チューブを挿れたり、ベッドメーキングを行なったりします。

この学内での演習により、臨床の場において安全・安楽に看護を行うのに十分な技術を習得します。

医療機関での実習

学内での学習、演習が終わったら、いよいよ実際に医療機関で実習を行ないます。

実習には、

・ 基礎看護実習
・ 成人看護実習
・ 老年看護実習
・ 小児看護実習
・ 母性看護実習
・ 精神看護実習
・ 在宅看護実習

などがあります。

実習医療機関は、病院だけでなく、介護施設、保健所、学校の保健室、小児看護実習の中には、幼稚園での実習もあります。

実習では、各ステージにおける患者さんや、人々とのコミュニケーション、看護を通して、知識と技術を深めます。

しかし、実習は本で学習したり、学校で演習したようにスムースにはいきません。

相手は実際に「看護を必要としている人」です。本では書いてないことが起こったり、演習では上手くできたことも失敗してしまうこともあります。

また、患者さん、そして医療機関のスタッフとのコミュニケーションに戸惑うこともあるでしょう。

看護実習はつらい期間

朝早くから、夕方まで、緊張の連続の実習ですが、大変なのはこれだけではありません。

実習に際しては、「看護計画」の提出と、毎日の実習報告書の提出など、山のようなレポートを書かなくてはいけません。

人によるとも思いますが、看護実習は、精神的にも体力的にもかなりつらい期間です。しかし、この期間に得る物はとても多く、看護学校で一番思い出に残る時間になると思います。

また、その厳しい実習の陰には、実習生を受け入れてくださった患者さん、指導してくださったスタッフなど、多くの方が、未来の看護師さんのために協力・応援してくれていることを忘れてはいけません。

仕事体験談