派遣の看護師の働き方

看護師としての働き方のひとつに、「派遣看護師」というものがあります。派遣看護師は、看護師にとっては、パートタイム看護師よりもフレキシブルに自分の生活に合わせて仕事をすることができ、病院や事業所にとっては、必要な部署に必要な期間スタッフを補充することができます。

看護師の資格は持っているけど、フルタイムや長期間働けないという潜在している人材を有意義に活用する制度でもあります。

派遣看護師の特徴

派遣看護師の一番の特徴は、看護師は病院やその他の事業所と勤務契約を交わすのではなく、「派遣会社」と契約を結び、勤務時間、勤務内容、時給などの勤務条件は、派遣会社との間で取り決められます。

そんなこと当たり前・・・と思われるかもしれませんが、これが「派遣看護師」にとっては、派遣先での「盾(たて)」になります。

例えば、派遣された病院で、超過勤務を強いられた場合です。忙しい医療現場ですから、その場を立ち去ることもできずに残業という場面もよくあります。派遣看護師と同じように、決められた時間帯だけ働くパート看護師の場合、雇用先は病院や事業所ですから、雇用先に求められれば残業も拒めません。

しかし、派遣看護師の場合は、派遣会社との契約以外の仕事や残業はさせないよう会社が守ってくれます。もちろん、患者さんを目の前にして帰れない場合は、個人や病院の判断で残業をすることもでき、その場合は残業手当がつきます。

派遣看護師のメリット

派遣看護師として働くメリットは、「フットワークのよさ」です。まず派遣会社とは、勤務時間や勤務内容など、自分の希望する勤務条件で契約することにより、無理なく仕事をすることができます。

また、看護師として病院に就職したはいいものの、仕事内容が思っていたものとは違った、人間関係がうまく行かないなどという問題が後からおこってくることはよくあります。

しかし、一旦そこに勤めると辞めるのは簡単ではありません。それに、また別の病院に就職しても、同じ問題が起こらないとは限りません。その点、派遣看護師は、いろいろな病院や事業所に出向き、いくつもの職場を見ることで、「自分にあった勤務先」を見つけることができます。

派遣看護師のデメリット

派遣看護師として働くデメリットは、保障の薄さと、人間関係、この2つが代表的なものです。

保障の薄さとは、病院に雇用されていないので、ボーナスはありませんし、社会保険に加入することもできません。身軽であるということは、病院とのつながりも薄いということです。

しかし、保障に関しては、派遣会社によっては社会保険や有給があるところもあります。

人間関係においては、「外部からの人」として扱われ疎外感を感じるという声を聞きます。しかし、それは自分自身の思い込みかもしれません。看護を必要とする患者さんの前では、常勤も、非常勤も、派遣も関係ないと思います。

派遣看護師に求められること

病院が派遣看護師に求めることは「即戦力」です。もちろん、初めて派遣された病院では、物の位置や、業務の流れがわからないことは仕方がありません。

しかし、看護技術に関しては、要求されたレベルに応じられるよう、常に自分自身の知識を磨いておく必要があると思います。

仕事体験談