ブランクがあっても看護師に復帰できる?

看護師に限らず、結婚や出産、その他の理由で職場を離れた後しばらくしてから復職しようと考えた時、「ブランク」が心配です。

特に、医療分野は日進月歩進化し、新しい治療に伴う新しい看護が展開されています。そんな中に戻っても、技術も知識も追いつかないのではないか?という不安に駆られ、看護師として働くことを躊躇する人も多いもの。

しかし働きたいという意思と、これまでのキャリアがある看護師がブランクを気にして復職できないことは、病院にとっても社会にとっても大きな損失です。

結論から先に申し上げると、「ブランクがあっても看護師に戻れます。」しかし、復職の際に考慮するとよい点がいくつかありますので、それを考えてみましょう。

復職支援を行っている病院を選ぶ

働きたくてもブランクが不安で働けない、そんな休職中の看護師のために、復職支援を行っている病院が、現在は多く存在します。

復職支援の内容は、病院内での研修、実習はもちろん、インターネットを使った在宅学習を行っているところもあります。

これらの研修は、現在の医療の実態を実際に体験することと、その場に身を置くことで勘を取り戻し、研修を受けたことで、自分自身に自信を持つことができるというメリットがあります。

無理のない部署を選ぶ

例えば、離職前の部署がオペ室で、仕事にも自信があったからと言って、休職後も当然のようにオペ室に配置されると、上手くいかない場合があります。

オペ室のように、日々進歩する治療と、一分一秒を争う医療が展開される場では、やりがいも大きいですが、負担も同じぐらい大きいもの。ブランクの年数にもよりますが、このような部署は、ブランクを埋めるために必要とされる知識や技術の量も多いものです。

復職する際は、無理をせず、「今の自分」にできる仕事から始め、勘と自信を取り戻したら、少しずつその幅を広げていくのがよいでしょう。

看護雑誌を読む

育児やなんらかの理由から、看護師の仕事を離れながらも復職を望んでいる人、または、いつか復職したいと思っている人は、看護師向けの雑誌を読むのがお勧めです。

看護雑誌には、看護業界の「今」はもちろん、病気の特集や、新しい医療器具の説明、看護師の生の声(意見)など様々な情報が盛り込まれています。

実際に看護の世界に身を置けなくても、看護雑誌を読むだけで「つながっている」という気持ちと「復職する」というモチベーションを持つことができます。

看護雑誌には、求人広告も数多く掲載されているので、勤務条件を把握するにも役立ちます。

ブランクの後の復職は、とても勇気がいると思います。心配なこともたくさんありますが、それを克服するのは、これまでのキャリアと、復職を願う気持ちです。

たとえ不安な気持ちを抱えて復職したとしても、患者さんに「ありがとう」と言われると、看護師としての「血」がさわさわと揺れ、満足感とやりがいを与えてくれると思います。

仕事体験談