パートの看護師の働き方

看護婦の雇用形態には、病院の所定労働時間に応じて仕事をする常勤(フルタイム)と、所要労働時間の一部分だけ請け負う非常勤(パートタイム)があります。

パート看護師として働くメリット

フルタイムと比較して、時間的な拘束が少ないのが、パートタイムの最大のメリットです。入院設備を持つ病院でフルタイムとして働く場合は、夜勤をすることも必須です。しかし、パートタイムなら、自分の勤務可能な時間帯を選ぶことができます。

例えば、家を留守にしたくないので子供が学校に行っている時間帯だけ働く、体力的に夜勤は無理だけど昼間は仕事ができるという人には、パートタイムは向いています。

また、時間ではなく「賃金」を考慮した働き方もできます。配偶者の扶養(たとえ働いていても、年間一定金額以下の賃金なら税の優遇が受けられる制度)の範囲内にとどまる程度の勤務にしたり、逆に効率的に収入を得るために、夜勤専門で働くこともできます。

しかし、例え勤務時間が決められていても、就労時間内に仕事が終わってなかったり、終業時間間際に急な患者さんが来た場合は、残業をすることがあります。

パート看護師として働くデメリット

パートで働く看護師の一番のデメリットは、雇用先から受ける保障の低さでしょう。例えば、勤務時間内はフルタイムの看護師となんらかわりのない仕事をしていても、ボーナスは支払われません。

社会保険に関しては、パートタイムでも加入できる病院とそうでない病院があります。仕事を決める時は、勤務時間や時給の他に、このような労働条件もしっかり確認するとよいでしょう。

職場の人間関係

同じ仕事をしていても、フルタイムとパートタイムの看護師の間には「壁」や「摩擦」があるのではないか?と心配する人もいます。

人間関係においては、職場によって違うので、一概には言えませんが、慢性の看護師不足の医療現場において、パート看護師の存在は、フルタイム看護師の負担を軽減し、ともに働いてくれるありがたい存在ですから、パートだから・・・という理由で壁を感じることは少ないと思います。

ただ、パート看護師側に「どうせパートだし・・・」という思いがあると、それが仕事にも表れ、摩擦が生じることはあるかもしれません。また、職場の中に、パート看護師が多いところは、フルタイムの看護師や医師も、パート看護師との接し方に慣れていて、お互いがスムースに仕事ができると言えます。

仕事体験談