海運会社社員の仕事、業務内容

「海」をフィールドに、世界の物流を支える

海運会社とは、国内あるいは海外の食品・製鉄・自動車といった各メーカーや、原材料やエネルギーを取り扱う企業に対し、海上での輸送サービスを提供する会社です。

海運会社が運ぶものは、石油や石炭、非金属鉱物、金属、セメント、化学薬品、骨材、自動車などの機械、生鮮食料品や日用品まで多岐にわたります。

日本国内の港と港を結んで行う国内貨物の海上運送を「内航海運」というのに対し、世界各国の港と港を結ぶ海上輸送は「外交海運」といいます。

周囲を海に囲まれ、資源や生活物資の大半を海外からの輸入に依存する日本にとって、海運はなくてはならない産業のひとつです。

海運会社では、365日24時間、各地の港と港を結びながら貨物を必要な場所へと続けています。もちろん、ただ運ぶだけではなく、貨物の品質を保つこと、そして安全で効率的に運ぶことを使命としています。

なお、海上輸送の際には「船」を使用することになりますが、自社で建造した船を使うこともあれば、船主から借りた船を使うこともあります。

また、運ぶ貨物の種類ごとに、コンテナ船、油送船、LNG船といった、それぞれに適した専用船があります。

多岐にわたる関係者との連携が必要

海運業は「海」という広いフィールドでビジネスを手掛けますが、とくに外交海運の場合、取引先は世界中にまたがっています。

資源の豊富な国から工業が盛んな国へ、農産品の生産国から消費地へ…と、ありとあらゆるものが海運会社の船によって動かされていきます。

しかし、船は決して自由自在に動かせるわけではありません。

鉄道業界や航空業界に独自の法律があるように、海運業界でも安全・安心に船を動かすための法律が存在し、海運会社はそれによって定められたルールの下、きちんと運航管理を行いながら効率的な航海を実現します。

そこでは荷主や船主のほか、関係官庁や世界の港湾当局、港湾関係会社、水先案内人など、各所との連携や協力が必要となります。

海運会社の社員たちは、こうした調整や手続きを行いながら、日本と世界の物流を支えています。