海運会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

大きなお金が動くプロジェクトも

海運会社が手掛けるプロジェクトは非常に規模が大きなものも多く、なかには10年以上かけて動く案件や、年間で億単位のお金が動くような案件もあります。

若いうちから責任ある仕事を任されると、「失敗したらどうしよう…」というプレッシャーに押しつぶされそうになることもあるかもしれません。

とくに、海外との取引は各国の法律をはじめ、文化や習慣の違いなどもあり、いつでも簡単に成功させられるわけではありません。

難しい事例にもたくさん遭遇することになり、苦労を感じることもありますが、ダイナミックなビジネスを手掛けるやりがいが得られるのは海運会社ならではといえます。

ビジネスのフィールドが広く、覚えることも多い

全世界をフィールドしている海運会社では、多岐にわたる職種の社員が活躍しています。

とくに大手海運会社の総合職として働く場合には、数年単位で各部門をジョブローテーションしながら幅広く知識を身につけてスキルを磨いていき、キャリアアップを目指す流れとなっています。

さまざまな仕事にチャレンジできることは海運会社で働く魅力のひとつですが、その分だけ一から覚えなくてはならないことも多く、常に学び続ける精神が求められます。

英語力も必要になる

海運会社の多くは世界に股をかけたビジネスを展開しています。したがって、「英語」は仕事をスムーズに進めるためのツールとして不可欠なものになってきます。

配属された部署にもよりますが、なかには毎日英語を頻繁に使う職場もあり、最初はものすごく苦労をするかもしれません。

ただし、実践で失敗しながら身につけていく機会も多くあるため、さほど心配はいりません。

大切なのは、現在の英語力よりも、これからどれだけがんばっていくかという熱意です。向上心を持ち続けていれば、自然とスキルアップしていくことができるでしょう。

海運会社で働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

海運会社は恵まれた待遇やダイナミックな仕事などが魅力ですが、一方で、覚えることが多く、特に海上職は独特の辛さがあります。

どうしても今の海運会社で働くのが辛い人は、他の海運会社や経験を活かすことができる会社に転職することを考えるのも大切になります。

特にリクルートエージェントは、総合商社などの大手優良企業の求人を揃えており、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれます。

無理に転職を強要されることもないため、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。