海運会社社員の種類

内航海運と外航海運

海運会社の種類について考える際にはいくつかの分け方をすることができますが、まず「内航海運」と「外航海運」について紹介します。

内航海運は、国内の港から港へと貨物を運ぶことを示します。

周囲を海に囲まれている日本では、古くから船による輸送が盛んに行われており、多くの内航船が港と港を網の目のように結んでいます。

石油製品、LPガス、鉄鋼製品、セメント、砂利、自動車、食料、日用品など、ありとあらゆるものが内航船によって運ばれ、私たちの暮らしを支えています。

それに対し、外航海運とは日本と外国の港を結び、貨物を運ぶことを示します。

資源に乏しい日本では、原油や天然ガス、工業原料、さらには小麦や大豆といった食料まで、多くのものを海外からの輸入に頼って生活を成り立たせています。

一方、海外からも高く評価されている日本のものづくり。日本は、自動車や電気製品など国内で生産したものを輸出することで、経済を発展させていることも事実です。

外航海運は、海外との貿易のほぼすべてを担っており、日本にとって不可欠な産業として成り立っています。

日本には海運会社がたくさんありますが、外航海運と内航海運を両方手がけているところもあれば、内航海運だけを専門的に行っているところもあります。

そのほかの分け方

海運業界に属する会社を細かく分けていくと、以下のようになります。

まずは船の持ち主である「船主」です。航海を予定する海運会社に対して船を貸し出します。

「船舶管理会社」は、船舶の保守・整備の手配や、船用品の手配を行う会社です。

「船舶運航会社」は、荷主との調整をしながら運航スケジュールに従って実際に運航する会社のことを示します。

このほか、船員の管理をする「船員配乗会社」や、受注した船用品を実際に発注して船に届けたり、入出港手続きや税関手続きなどを行う「船舶代理店」もあります。

大手海運会社であれば、たいてい上記のすべての役目を自社で果たしていますが、なかにはある一部分の業務に特化した事業を手掛けている会社もあります。