海運会社社員に特有の職種

海運会社では、大きく分けると「陸上職(事務系・技術系)」と「海上職」の人が働いています。

企業によって、職種や部門の名称などは異なりますが、ここでは海運会社ならではといえる代表的な職種のおもな仕事内容について紹介していきます。

陸上職(事務系)

営業、運航管理、企画、法務、人事、財務・経理、システム開発など、さまざまな仕事があります。

なかでも運航管理は、海運会社にとって生命線といえる仕事です。

それぞれの顧客が抱えるニーズをとらえながら、船や顧客、国内外の代理店、船主といった関係者と連絡をとり、石油、紙、木材チップといったさまざまな貨物の安全かつ効率的な輸送を実現します。

また、どうすれば自社の利益を最大化できるかという点を考えることも重要なミッションです。

海外赴任をし、現地の新規顧客開拓や既存契約のオペレーションなどに携わる人もいます。

陸上職(技術系)

新たに船を造る際の仕様検討から建造管理、船の保守管理、新技術の開発などまで、船にまつわる幅広い業務にテクニカルな面から携わります。

船は非常に規模が大きく、船体、貨物、機関、電気といった構造で成り立っており、それぞれに専門的な知識が求められます。

何年もの時間をかけて動くビッグプロジェクトも多く、技術者としての力を発揮しながら先を見て動くことが求められます。

航海士・機関士

実際に船に乗り、船を動かす仕事です。

航海士は、航海当直に加え、防火設備や救命設備の保守・整備、航海計画の立案、海図の管理、航海機器の整備や管理などに携わります。

航海士の仕事

機関士は、船を動かすために不可欠なエンジンや電機関連のプロフェッショナルとして、機器の運転管理や保守整備に携わります。万が一、機器の損傷や事故があった際は速やかに対処します。

三等航海士、三等機関士からキャリアをスタートし、乗船経験を積んで船長、機関長を目指していく流れが一般的です。