海運会社社員の志望動機・面接

志望動機の考え方

海運会社を目指すにあたって、きちんとした志望動機を考えておくことは非常に重要です。

海運会社は採用人数がさほど多くない一方、とくに歴史ある大手企業は知名度の高さや待遇面の充実から人気が高く、採用試験をパスするのは毎年かなり厳しいものになることが考えられるからです。

海運業は、おそらく一般の人にとってさほど馴染みがある存在ではないでしょうが、じつは私たちの生活や社会経済を支えている産業です。

とくに日本は輸出大国であり、船による輸送が大きく貢献しています。

日本で作られる高品質の自動車や電化製品、また国民の生活を維持するためのエネルギー資源や食料、原料などの大半は、海上輸送で運ばれています。

海運会社で働いている人は、こうした事実を知り、そこから海運業界に対して興味を抱くようになったというケースが多いようです。

志望動機は人それぞれ違ってかまいませんが、まずは海運業界のことをよく調べ、そのうえで自身の経験などから海運会社で働きたいと思うに至った理由をまとめるとよいでしょう。

面接のポイント

海運会社の面接は、個人面接のこともあればグループ面接のこともありますが、ここでは自身の海運会社に対する熱意をアピールする絶好のチャンスです。

海運会社は、同じくグローバルかつダイナミックなビジネスができる商社と併願する人が多く、面接でも併願状況などについて問われることがあるかもしれません。

さらに、「商社と海運の違いは?」といった質問がなされるケースも比較的多いといわれているため、よく業界研究をして自分なりの答えを持っておいたほうがよいでしょう。

海運会社の面接では、志望動機や学生時代の取り組み、自己PRといった一般的な質問もされますが、とくに海運業界や海運会社の仕事についてしっかりと理解できているか、何となくのイメージや憧れだけで志望していないか、といった点が見られるようです。

また、海外に拠点がある企業の場合、海外赴任の可能性があるか大丈夫かといったことも問われることがあるため、自信を持って答えられるようにしておきたいものです。