海上保安官の役割、現状と将来性

海上保安庁は幅広い機能を担っており、海上保安官の役割も多岐にわたります。

海上保安庁の役割

■海上交通の安全確保
■海難事故における救助
■海上の治安維持
■密航船、密輸の取締り
■海洋情報の収集
■海洋環境保全
■国内外機関との連携・協力 など

海上保安官の業務範囲が広い理由

陸上では、事故現場の調査や交通整理、地図作成などは、警視庁や各地方自治体、国土地理院など異なる行政機関が担っています。しかし、海上では上記のように、海上保安庁が一括で担っているのが特徴です。

海上保安官には海上勤務のみならず陸上勤務、航空要員など多種多様の職種があり、業務範囲が非常に広いのは、このような海上保安庁の「役割の多様性」によるものと言えるでしょう。

四方を海に囲まれている日本

日本は四方を海で囲まれているため、諸外国の船が不法侵入してくる可能性を常に考えなければなりません。さらには尖閣諸島問題などをめぐり、近隣諸国との緊張感も高まっています。

不法漁船等の侵入を防ぐために、海上保安庁、そして海上保安官の存在が欠かせないものとなっています。

密輸摘発のために

また、近年は国際犯罪組織による麻薬や覚せい剤、けん銃の密輸、密航なども深刻な問題となっています。密輸摘発は以前から海上保安庁にとって重要な任務ですが、輸出入が活発になり日本の港に出入りする船が増えるにつれて、その仕事はさらに重要性を増しています。

もし密輸や密入国があれば、私たちは不安に怯えながら暮らさなければなりません。海上保安官の仕事は日本の海だけでなく、日本そのものの平和と安全を守ることにもつながります。

国際化が進むと同時に諸外国との緊張感が高まっている現在、海上保安官の存在がますます重要視されており、今後も期待されることは大きいと言えます。