海上保安官の陸上業務

陸上業務の種類

海上保安官の陸上業務の種類と仕事内容は、以下のようにさまざまです。

<本庁・管区本部>
・総務業務:政策の企画・立案や、海上保安庁内の広報活動、職員の人事、福利厚生などに関わる仕事です。
・経理補給業務:海上保安業務に必要な予算の執行、施設や物品等の管理を行います。
・船舶技術業務:船舶、航空機の建造、各種装備に関する技術の検討等を行います。
・情報通信業務:情報通信システムに関する業務を行います。
・警備救難業務:海上犯罪の捜査や海難救助に関する業務等を行います。
・海洋情報業務:海洋調査により得られた情報を、海図や船舶に対する航行警報、科学的データ等の形で提供します。
・海上交通業務:海上交通ルールの設定や大型船舶の航路入航間隔の調整、航路標識の管理等、海上交通の安全に関する業務を総合的に行います。
・科学捜査業務:船体の塗膜片や浮流油等の証拠物の分析などを行い、事件の解明を行います。

<海上保安部署>
・警備救難業務:海難救助活動、事件捜査、海上警備等の業務と関係機関との調整をします。また、自己救命索や環境保全に関する啓発活動なども行います。

・海上交通業務:航行管制や港における許認可事務、灯台や電波標識等の航路標識の管理、安全情報の提供など、海上交通の安全を現場で支える仕事です。また、海難防止や海上交通ルール遵守などの指導・啓発活動も行います。

このように、海上保安官が活躍できるフィールドはたくさんあります。海の上からだけではなく、陸上からも多くの海上保安官たちが、いつも日本の海の安全を守っています。

陸上勤務をするには?

海上保安庁で陸上勤務を希望していたとしても、はじめからいきなりということはほぼなく、新人の数年間は船に乗り、現場の第一線で業務に携わるのが一般的です。

なぜなら、巡視船艇での勤務は海上保安庁の仕事の中でもっとも基本となるものだからです。そこで海上保安官としての経験を積めば、本人の希望や適性によって、陸上勤務の仕事に異動することは可能です。