海上保安官の活躍の場

海上保安官が活躍できるフィールドは広く、「海」のみならず「陸」や「空」でもさまざまな業務があります。ここでは、各フィールドにおいてのおもな仕事内容をご紹介します。

海上勤務

巡視船での勤務が中心となります。海上保安大学校卒業者は主任航海士、主任機関士、主任通信士などとして働きます。海上保安学校卒業者は、航海コースであれば船舶の運航整備の担当、機関コースであれば機関の運転整備を担当するなど、それぞれ在学中の専攻に応じた業務を担当します。

通常は、海上勤務と陸上勤務を何度か繰り返しますが、本人の希望と適性によって、潜水士や国際取締官、特殊救難隊などを目指すことも可能です。

陸上勤務

東京・霞ヶ関の海上保安庁や、全国に11ある管区本部での勤務が中心です。海上保安行政の企画・立案、各省庁との調整、経理業務などのさまざまな仕事があり、デスクワークが中心となります。

通常の海上保安官は、海上勤務と陸上勤務を交互に行います。

航空要員

「パイロット」として航空基地で働き、固定翼(飛行機)や回転翼(ヘリコプター)に乗り、海難救助や犯罪取り締まりを行います。

海上保安大学校専攻科を修了すると、通常は巡視船での業務にあたりますが、在学中の希望と適正によっては航空要員として選抜されるようです。まずは飛行機要員として研修を受け、航空基地に配属となります。

海上保安学校航空課程卒業者は、学校で修得した基礎教育をもとに、引き続き飛行機とヘリコプター要員に分かれて専門的な研修を受け、その後航空基地に配属となります。