海上保安官の訓練

現場に出る前に訓練を積む 海上保安大学校や海上保安学校の採用試験に合格し採用されると、現場に出る前に一通りの基礎的な勉強を行い、訓練を積むことになります。訓練の内容は、水泳訓練、潜水訓練、けん銃訓練、端艇(カッター)訓練 … 続きを読む

海上保安官の階級

海上保安官の「階級」とは? 海上保安官は、警察官と同じように全員「階級」で分けられています。 たとえば、海上保安大学校を卒業すると「三等海上保安正」という階級からスタートし、主任航海士、主任機関士、主任通信士といった職名 … 続きを読む

海上保安官の特殊救難隊とは

「特殊救難隊」とは? 特殊救難隊、通称「トッキュータイ」と呼ばれるこの職種に就いている人は、2012年現在で約12,500名いる海上保安官のうち、わずか36名と言われています。 全国で150名程度しかいない海上保安官の潜 … 続きを読む

海上保安官のスペシャリスト職

海上保安官にはさまざまな職種がある 「海上保安官」と聞くと、船に乗って救助活動を行ったり不審船を見張ったりしている姿を想像するかもしれません。もちろん、それも大切な業務のひとつ。でも、海上保安官は他にもさまざまな業務があ … 続きを読む

海上保安官のやりがい

周りと協力してやり遂げること 海上保安官の仕事は、海難救助など人の生死を分ける瞬間に立ち会う機会もあり、ときには解決するのが非常に難しく、苦しい思いをする現場もあります。しかし、自分一人だけではなく仲間と協力することで、 … 続きを読む

海上保安官は大変?

国家公務員であるという自覚 海上保安官の現場では、規律や礼儀が重視されます。これらについては、まず学校で非常に厳しく指導され叩き込まれますが、このような習慣に慣れていない場合、はじめはかなり戸惑うようです。 また、海上保 … 続きを読む

海上保安官は激務?殉職者は?

海上勤務は忙しい 海上保安官の仕事に“激務”というイメージは付き物ですが、特に海上勤務の場合、大変なことが多いようです。自宅を離れて海の上で何日も生活するのだけでも大変ですが、直接人の命に関わる現場に関わるすることも多く … 続きを読む

海上保安官の苦労

一人前の海上保安官になるまで 第一線で活躍する海上保安官の姿は素敵なものですが、そこにたどり着くまでにはたくさんの苦労が続きます。抜け海上保安大学校や海上保安学校に入れば、寮生活が待っています。 寮では規則正しい生活態度 … 続きを読む