介護事務の仕事内容

介護事務のさまざまな仕事内容

介護事務は、介護老人保健施設、デイサービスセンターなどの介護関連施設において、介護サービスに関する事務全般を行う仕事です。

勤務先によって具体的な仕事内容は異なりますが、主な業務としては以下のようなものがあります。

介護報酬請求業務(レセプト作成)

日本の介護サービスは、平成12年4月にスタートした「介護保険制度」に基づいて提供されており、サービスにかかった費用のうち原則として国や自治体が9割、サービス利用者は1割を負担します。

介護事務は、介護サービスが行われた際に国や自治体と利用者側の負担額を計算し、介護報酬の請求書を作成していきます。

介護サービスの種類や内容、地域等によって金額は異なるため、制度をしっかりと理解したうえで計算していく必要があります。

介護事務のさまざまな仕事のうち、とくに専門的なスキルを要する重要な仕事だといえるでしょう。

受付・窓口業務

介護施設の窓口担当者として、電話応対や利用者の受付、サービス利用説明、会計なども行います。

経理・人事業務

施設の売上管理や予算編成のほか、スタッフの給与計算、勤怠管理などの仕事を行います。

総務業務

備品の発注や管理、医療機関など関連機関との連絡調整、また各所に提出するための書類作成などを行います。

ケアマネジャーのサポート

介護計画を作成するケアマネジャーのサポートを行います。

ケアマネジャーの仕事

実際の業務は事業所によって異なる

このように、介護事務の業務範囲は多岐に渡りますが、実際にどのような仕事を任されるかは、勤務先となる事業所の規模や方針、人員配置状況等によって変わってきます。

ただし、最も重要な仕事になるのは介護報酬請求業務です。

さらに、最近は介護サービスのニーズが高まり、ケアマネジャーの業務量が増大しているため、介護事務がケアマネジャーをサポートする場面も増えているようです。

介護保険制度のことを知り、介護業界における事務作業を広くこなせる介護事務は、介護施設の利用者やそこで働く職員を陰で支える重要な役割を担っているといえます。