介護事務の通信講座

通信講座で資格取得を目指す

介護事務を目指すのに決まった方法はありませんが、この仕事に関連する民間資格はいくつか存在します。

そのような資格を取得しておくと、就職活動の際のアピール材料になったり、実際に働く場面で知識を役立たせたりすることができます。

介護事務の資格として有名なものには「介護事務管理士」と「ケアクラーク」がありますが、どちらも通信講座を利用して学ぶことができます。

受講費用は3万円~6万円程度のものが多く、1年以内での合格を目指すものがほとんどであるため、短期間で手軽に学びたいけれど参考書選びからすべて自分一人でするのには不安がある、という人には適しているでしょう。

通信講座の内容

通信講座を企画・運営する複数の民間企業が、介護事務の通信講座を提供しています。

各社で内容やカリキュラム、費用、期間などは異なるため、それぞれをよく比較してみるとよいでしょう。

「介護事務管理士」の資格を取りたいのか、それとも「ケアクラーク」の取得を目指したいのかによっても、選ぶべき講座は変わってきます。

学び方は講座ごとに多少異なりますが、いずれも資格試験の内容に基づくオリジナルのテキストがあり、業界の専門知識や専門用語などもわかりやすく学べるようになっています。

通信講座のメリット

介護事務の通信講座は、初心者の人でも一から学んで資格取得が目指せるものになっています。

「資格を得る」という明確な目標がある人はもちろん、介護事務には興味があって転職を考えているけれど、まずはどのような内容なのか知りたいという人にも適しているでしょう。

なお、通信講座によっては資格試験を在宅で受験できるものもあります。

さらに、通信講座といえどもスクーリングが用意されているものや、eラーニングでパソコンを使った講義が受けられるものなどもあります。

仕事や家庭の都合で勉強できる時間が限られてしまうといった人でも、自分に合うスタイルで学べる講座が見つかるのではないでしょうか。