介護事務への転職、未経験求人

介護の現場は人手不足

介護事務へ転職したいと考えるとき、真っ先に気になるのは「求人はどれくらいあるのだろうか?」「どの程度のスキルが必要とされるのか?」ということでしょう。

よく言われている通り、介護業界は全体として人手不足です。

高齢化社会が進むにつれて介護サービスの需要が高まっているものの、きちんとした知識を持って介護ができる人はまだ少ないのが実情です。

そのような背景がある介護業界ですが、事務職も介護職の人と同じ介護関連施設で活躍しています。

しかし、先に挙げた通り人手不足の事業所も多く、一般的には介護職の人が事務を兼任している状況で、介護事務として専任のスタッフを雇っているところは一部の大手事業所に限られているようです。

介護関連施設は年々増えているものの、事務スタッフを大量に雇うような施設はまずないため、好条件での転職は決して簡単ではないといえるでしょう。

転職を成功させるには

それでも介護事務として転職したい場合、どうすればよいのでしょうか。

別業界で事務の経験を持っている人であれば、それはアピールポイントになります。

介護事務の仕事は事務作業が中心となるため、パソコンがスムーズに使える人、事務の仕事の流れを理解している人であれば、優先的に採用されやすいです。

未経験の場合も、人手不足の施設であれば熱意次第で受け入れてもらえる可能性もあります。その際、少しでも知識を身につけておきたいのであれば、介護事務の民間資格を得ておくとよいでしょう。

資格は必須ではありませんが、介護事務にとって重要な介護報酬請求業務のための一定のスキルを持っていることを示すことができます。

あとは、根気よく求人を探していくことが必要です。

転職先は慎重に探そう

介護関連施設は、大手から中小のところまでさまざまあります。事業所によって運営方針も人間関係も大きく違い、それは結局「働きやすさ」につながってきます。

自分に合うところを選ばないと、つらい環境で仕事を続けなくてはならないことになるかもしれません。

介護関連施設は今後も増えていくことが予想されますが、それだけに、求職者はしっかりと各施設を見極めていく必要があります。

介護事務の業務範囲は広くなりがちで、ときに「何でも屋」のように見なされることもあります。

それが自分にとってやりたいことであればいいのですが、なかには待遇も良くなく、いつまでたっても雑用しか任されないというケースもあるようです。

また、しっかり調べたつもりでも、いざ働き始めると「最初に聞いていた話と違う」ということも起こっているようです。

事前に施設見学をしたり、勤務条件は書面で確認したりと、転職活動は慎重に進めていくことが大切だといえるでしょう。