介護事務の給料・年収・収入

現場と兼任する場合

介護事務の給料や年収について考えるにあたって、まず介護事務の働き方の特徴を紹介します。

介護事務は、介護老人保健施設、デイサービスセンター、グループホームなど、さまざまな介護関連施設で活躍していますが、実際には「介護福祉士」「ヘルパー」「ケアマネジャー」といった別の職種に就いている人が、兼任で事務も行なっているケースが大半です。

こうした形で働く場合、年収は兼任している職種のそれとほぼ同額と考えておいてよいでしょう。

介護福祉士であれば年収250万円~400万円程度、ヘルパーは年収300万円程度、ケアマネジャーは年収400万円前後で、施設によっては事務を行う分だけ若干給料がアップしたり、介護事務関連の資格を取得することで手当が上乗せされたりすることもあります。

また、介護の仕事で夜勤が入る場合は夜勤手当が付きます。

小規模の事業所では、限られた人数で運営していることも珍しくなく、介護福祉士として介護を行うことに加え、ケアマネージャーや介護事務の仕事をすべて兼任していることもあります。

しかし、必ずしも業務内容や業務量に見合う給料がもらえるとは限らず、あまり給与面で恵まれていない中で働いている人もいるようです。

専業で働く場合

上記のように他職種とは兼任しない、介護事務専業で働く人の場合、給料の平均額は18万円~20万円程度といわれています。

平均年収は250万円前後で、兼任する人よりは低めとなるでしょう。事務の仕事は基本的に夜勤もないため、その分の手当ても付きません。

ただし、施設によっては資格手当やボーナスが支給され、年収300万円~400万円程度になることもあるようです。

フルタイム以外で働く人も多い

介護事務は正社員のほかに、パートやアルバイトなどの形で、一日数時間だけ働く人も多くいます。

フルタイム以外で働く人の給料は、時給で850円~950円くらいに設定している施設が多いようです。

特別高い収入が得られるとはいえませんが、施設によっては正社員以外でも有資格者は手当が支給されたり、経験や実力によって少しずつ昇給することもあります。

給料も待遇も、事業所の経営状況によってだいぶ異なっているようです。