介護事務の就職、求人募集状況

介護事務としてだけの求人は少ない

超高齢社会の訪れにともなう介護サービスの需要拡大によって、介護関連施設は年々増加傾向にあります。それにともなって介護事務のニーズも上昇しており、職業としての注目度も高まっているといえるでしょう。

こう考えると介護事務の未来は明るいといえそうですが、実際には「介護事務」としての求人は少なく、一部の大手事業所のみが事務専任のスタッフを雇っている状況です。

ほとんどの事業所においては、介護職を勤める人が事務も兼務しています。そのため、介護事務の資格を取得したからといって、なかなか簡単には就職に結びつかないこともあるようです。

介護事務が働いている施設でも、一度にたくさんの人数が採用されることは普通ありません。

せいぜい一人、二人というところで、人員が不足したら現場から登用されることも多いようです。

有利に就職するためには

こうした背景から、とくに未経験者が介護事務として就職活動をする際には、意外に苦戦するかもしれません。

介護事務は「介護事務管理士」や「ケアクラーク」などの民間資格がありますが、それらは働くうえで絶対に必要とされるものではなく、あくまでも実務に必要な一定の知識・スキルを示す目安となるものです。

実際、これらの資格が採用要件に掲げられていないことも多く、介護以外の業界における事務としての実務経験(総務・経理など)や介護の現場で働いた経験があると優遇されたり、オフィス系ソフトがスムーズに使えるなどパソコンのスキルがある人も歓迎されやすいようです。

もちろん、運よく介護事務としてだけの求人が見つかればいいのですが、求人の傾向を踏まえると、やはり介護職と兼務できることをアピールするのがベターです。

ただし、その場合も経験やスキルがある人のほうが有利になります。比較的取得しやすいホームヘルパーの資格も取得しておくと、だいぶ強みになるでしょう。