介護事務になるには

特別な資格等は必要なし

介護事務として働くうえで、絶対に必要な資格はありません。

介護事務に関わる資格の代表的なものとして、技能認定振興協会の「介護事務管理士」や、一般財団法人日本医療教育財団の「ケアクラーク」がありますが、資格を持っていなくても介護事務の仕事に就くことは可能です。

これらの資格は、あくまでも介護事務(とくに介護報酬請求書の作成業務)のスキルを客観的に示すためのひとつの材料という風に考えておくとよいでしょう。

もし資格を取得するならば専門のスクールに通うか、通信講座を利用して独学で合格することも可能です。

学歴もあまり問われない

学歴に関しても、介護事務の場合、特別なものが求められることはあまり多くありません。

福祉や介護にまったく関係ない大学・短大を出ていたとしても介護事務になることは可能ですし、高卒や専門学校卒で介護関連施設へ就職している人もいます。

ただし、介護事務以外に「介護福祉士」など、他の介護関連の国家資格を得たい場合には、特定の養成施設を卒業することで国家資格の受験資格が得られるなどの条件が定められていることもあります。

介護福祉士の仕事

現場と事務を兼任できる人が採用されやすい

資格や学歴があまり問われないとなると、介護事務になるのは簡単そうだと思う人もいるかもしれません。

しかし、実際には「介護事務」としての求人はあまり多くなく、現場で利用者の方の介護をしながら事務仕事も行うというケースが珍しくありません。

特別養護老人ホームなど大きな事業所であれば専属の介護事務を雇っていることもありますが、小規模の事業所、訪問介護やデイサービスなどの施設では、「介護福祉士」や「介護職員」が兼務という形で事務の仕事に携わっているケースが大半のようです。

あるいは「社会福祉士」が相談員として働きながら介護事務の役割もこなしているケースもあり、事情は事業所によってまちまちです。

社会福祉主事の仕事

いずれにせよ、インターネット上などでは、介護事務管理士やケアクラークの資格があれば簡単に就職ができるように書かれている情報なども見受けられますが、実際には現場の仕事と兼任できる人が優先的に採用されており、事務のスキルだけでは就職が決まりにくい可能性が高いことも覚えておきましょう。

なお、介護事務は資格以上に実務経験が重視されやすく、さらにパソコンのスキルがあると優遇されることもあるようです。