介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事とは

介護福祉士とは、日常生活が困難な高齢者や身体、精神に障害のある人などに対して、食事や入浴、排泄などの身体介護を行う仕事です。

介護するだけでなく、周囲で介護をする家族などの人に対して、どのように介護をしていけばよいかという相談に乗ったり、アドバイスをする役割も担っています。

介護福祉士の資格は、1987年の社会福祉士及び介護福祉士法に基づいています。

同様の資格として、「ホームヘルパー」がありますが、ホームヘルパーが公的認定資格であるのに対して、介護福祉士は国家資格となります。

介護福祉士の試験の方が難易度が高く、取得するために必要な年数も長くなります。

資格がなくても介護の仕事をすることは可能であり、介護福祉士とホームヘルパーで実際の作業内容はそれほど変わりありませんが、介護福祉士の方が就職や給料の面でやや有利です。

介護の仕事をする人たちを「ケアワーカー」「ホームヘルパー」「寮母」「介護職員」などと呼ぶこともありますが、介護福祉士は、名称独占資格なので、その資格取得者しか介護福祉士の名称を使用することはできません。

介護福祉士の業務

介護福祉士の業務には、大きく分けて、以下の4つが挙げられます。

1.身体介護

食事、排泄、衣服の着脱、入浴、身体の衛生管理(清拭、洗顔や歯磨き)などを行います。また、ベッドから車いすへの移乗や自動車への乗り降りや歩行補助、車いすでの移動などもあります。

日常生活でどんな動作が困難なのか、人により異なります。利用者がどんなことを望んでいるのかを考えながら、介護を行うことが大切です。

2.生活援助

食事(調理や配膳、下膳なども含む)、洗濯、掃除、整理整頓、必要な買い物などの日常的な家事全般を援助します。とくに、在宅介護では家事援助は重要です。

掃除の仕方や調理の方法など、その家によってやり方がそれぞれあるので、そういったことも配慮して家事の援助をすることが必要になります。

利用者本人が、その人らしい生活を地域で送るために、どのような援助が必要なのか、ご家族も含めてニーズをくみ取って援助します。

3.相談・助言

介護を受ける対象者だけではなく、その家族など介護者も含め、生活、身体、介護に関しての相談にのったり、助言をする仕事があります。

そのためには、介護に関しての専門的な知識と技術が必要です。

介護食の調理方法や、どんな杖が安全なのか、どんな福祉用具があるのかなど、介護を送る上で日常的に必要な介護の知識が要求されることがあります。

4.社会活動支援

介護を受ける対象者は、一般的には比較的孤立しがちです。家族や近隣の人たちとのよい対人関係が築けるように支援する役割があります。

また、地域のサークル活動などの社会活動の情報提供など、利用者の生きがいづくりにつながることがあります。

仕事体験談