介護福祉士からの転職

おもな離職理由

介護福祉士に限ったことではありませんが、介護の世界では、さまざまな理由で職を離れる人がいます。

介護福祉士の離職理由として多いものは、以下の通りです。

・体力的に仕事がきつい
・人間関係の問題
・他にやりたい仕事が見つかった
・給与や待遇面の不安・不満
・結婚、出産など私生活での変化
・施設や事業所の運営方針への不満

このなかでも、とくに目立つのは「体力的なきつさ」「人間関係の問題」「給与や待遇面に関する不安・不満」です。

施設で働く介護福祉士は、「日勤」「夜勤」のシフト制であることが多く、どうしても生活が不規則になりがちです。

若いうちは元気に働けても、年齢を重ねると体力的にきついと感じる人も増えてくるようです。

また、この仕事の代表的な職業病が腰痛です。身体介護は思っている以上に体力を要し、腰への負担もかかるため、仕事を続けることができなくなる前に他業種に転職したいという声もよく聞かれます。

また、施設では他のスタッフと連携して働くことになります。協力できる人がいることは心強いですが、すべてのスタッフと気が合うとは限りません。

人間関係がうまく構築できず、ストレスが積み重なり、それによって辞めてしまう人もいるようです。

また、人の介護をする大変な仕事でありながら非正規雇用で働く人も多く、給料もそれほど高くない介護福祉士。施設によって給与や待遇面にもだいぶ差があるため、現状の職場よりも、もっと条件のいい職場で働くために転職を考える人もいます。

転職してどのような仕事に就くか

介護福祉士は、経験を積むことで、「ケアマネジャー」を目指したり、施設のマネジメントに携わったりすることもができます。また、同じ国家資格である「社会福祉士」を視野に入れてキャリアを築く人もいます。

ケアマネジャーの仕事
社会福祉士の仕事

ケアマネジャーと介護福祉士を兼務する人は多く、どちらの業務にも携われるようになれば、給料もアップさせやすいようです。

そのほか、まったく別の業種へ進むことを考える人もいます。

たとえば、「看護師」「理学療法士」「作業療法士」といった専門職に就くための学校に入り直す人、介護の仕事と同じく人間相手のサービス業を選ぶ人などさまざまです。

仕事体験談