介護福祉士への転職

どんな人が転職しているか

介護の需要が高まるにつれ、介護福祉士という仕事に興味を持ち、転職を考える人も増えつつあるようです。

転職市場における介護福祉士の特徴は、他業界からの転職者が比較的多いことです。

また、知識・技能を身につければ多様な働き口があることから、転職する人の年齢層も幅広いものとなっています。

一番多い転職パターンは、他業界で仕事をしていて、まず「介護職員初任者研修(以前の「ホームヘルパー2級」)」の資格を取得し、介護業界に入ります。

そこで実務経験を積み、介護福祉士の国家資格を得てこの職に就くという流れです。

介護業界を志すきっかけは人によってさまざまですが、人の役に立つ実感が味わいやすい仕事がしたいというものや、家族や身近な人が要介護者になったことから、介護という仕事に興味を持つ人もいるようです。

なお、介護職員初任者研修に関しては、所定の研修を受講すれば資格を得られるためハードルが低めとなっており、そこから介護の仕事に取り組み、実務経験を積んで介護福祉士にキャリアアップしていくケースはよく見られます。

介護福祉士へ転職する魅力

介護福祉士と比較される職業のひとつに「看護師」がありますが、看護師を目指すとなれば、3年間ほど就学をして国家試験を受けるといった流れを経なくてはなりません。

看護師の仕事

いくらダブルスクールが可能な学校があるといっても、働きながら勉強をするというのはなかなか難しいものです。

それに比べて、介護の仕事に就くまでのタイムスパンは短めとなっています。

また、現在のところ介護職はまだ需要が大きい「売り手市場」となっているため、資格を手にすると確実に職が得やすいことも人気の理由となっています。

さらに、介護福祉士の仕事では性別、学歴、年齢など厳しく問われないことがほとんどです。実務未経験であっても、とにかく熱意と意欲がある人を優先的に採用している施設・企業もたくさんあります。

そのため、介護福祉士に転職する人のバックグラウンドを聞くと、元デザイナー、販売員、製造業、運転手、事務など千差万別です。

転職する前に知っておきたいこと

しかし、介護福祉士は決して楽な仕事ではありません。

介護の現場は人手不足のことも多く、また人と深く向き合う仕事であるため、心身ともにハードな日々を送る覚悟も持っておいたほうがよいでしょう。

大変な仕事の割に給料はあまり高くないという声もよく聞かれるところです。実際には、就職先となる施設・企業によって待遇面にもだいぶ差があるようです。

介護福祉士は社会的ニーズが大きく、国家資格を生かして働ける魅力ある仕事であることは間違いありませんが、仕事の厳しさについてもよく理解したうえで転職を考えたほうがよいでしょう。

仕事体験談