介護福祉士に向いている人、適性

人に接するのが好き

介護福祉士の仕事は、人間相手の仕事なので、人に接するのが好きな人が向いているといわれています。

しかし、どんなに人と接することが好きでも、実際に介護をしていくと、対象者の方たちからイライラして怒られることや、介護者である家族の方からも苦情を聞くことがあります。

いろいろな人と接する仕事なので、実は、結構ストレスのたまる仕事なのです。介護の仕事をしていく上で、上手くストレスを発散できる人や、自分の気持ちをコントロールできる人などは介護福祉士に向いているかもしれません。

思いやりと忍耐力がある

介護の仕事は、人の身体に触れることや話しをよく聴くことが基本です。

人の話しによく耳を傾け、どういう要望があるのか、どんな痛みがあるのかなど、コミュニケーションをとるときに感受性を働かせて相手の立場に立って考える「思いやる気持ち」が大切です。

相手を気づかったり、思いやりを持つことは、介護福祉士の資格がなくてもできることです。極端にいえば、誰でも介護の仕事はできものです。

ですが、介護の現場は想像以上に厳しいもので、中途半端な気持ちでは継続することが困難な仕事です。思いやりだけではなく、忍耐力があることも必要です。介護を受ける人とのコミュニケーションは容易なものではありませんので、思いやりや忍耐力がなければ続けることは難しいでしょう。

体力

入浴やベッド上での体位変換など、1日に何人もの人を抱えることになることになるため、体力も要求されます。腰痛に悩まされる人も少なくありません。精神的にも肉体的にもタフであることが必要な仕事です。

クールな頭で問題に目を向けられる人

介護福祉士の対象者の多くは、身体の不自由な人であったり、孤独であったり、心配ごとを抱えて生活をしている人たちです。そういう人たちと接するときは、暖かい雰囲気で、よくその人の話しに耳を傾けることは大切です。

それと同時に、ただ同情するばかりではなく、冷静に物事を判断して助言したり、客観的に記録に書いたりしなくてはいけません。

実際の業務の中で仕事の能力は培われていくものですが、普段の生活の中でも、自分の身の回りにどんな社会問題があるのか、町で出会う車いすの人や障害を持つ人、高齢者など、どんな生活をされているのか、何が生活をしていく上で難しいのか、関心を持てる人は向いているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事体験談