介護福祉士資格の待遇

介護福祉士の資格の価値

介護の仕事は、資格がなくても働くことはできます。

しかし、近年、介護業界の資格制度の整理がされてきて、国家資格の介護福祉士を上位資格と位置付け、その他にホームヘルパーや介護職員基礎研修などが行われています。

介護保険制度の下では、訪問介護員になるには有資格者を要件としています。

しかし、現実的に、資格を持っているからといって、給料面で介護福祉士と他の資格に大きな差はありません。

施設でも、資格手当が出るところもあれば、まったく評価されていないこともあるようです。

それは、事業所の待遇面によって異なるのです。

資格よりも、現場経験が重要視され、ヘルパー研修修了者でも、介護の実務経験があれば、主任ヘルパーやサービス提供責任者として働くことがほとんどです。

そういった場合でも、介護の仕事をしていくには、介護福祉士の資格取得を目指すことが奨励されているようです。

国も後押しする介護福祉士の待遇面

せっかく介護福祉士の国家試験を合格しても、介護福祉士の学校を卒業しても、介護福祉士の待遇がよくないことで、この資格を使わない有資格者が大勢います。

福祉の道を志して、ようやく介護福祉士になっても、給料水準が低いので生活の余裕がなくなり、ついに辞めていくことがあります。

介護保険制度が開始されてから、数多くの民間企業がこの業界に参入して、企業間の競争も高まっています。

そうなると、福祉の世界にもコスト意識が根付いてきて、人件費が抑えられている傾向があります。

この打開策として、国は、介護福祉士の処遇を改善させるため、介護報酬の引き上げの措置をとったり、介護職員総数のうち介護福祉士の占める割合を増すことで加算がつけるなど、政策的にも介護福祉士の待遇面をバックアップする施策が行われています。

仕事体験談