介護福祉士の就職先の探し方、選び方

職場選びは慎重に

同じ介護福祉士の職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境はまったく違います。自分に合った職場を選ぶのはとても重要です。

その職場にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

しかし、事前に把握できることもあります。求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

また、事業所の概要はインターネットやそこの事業所のパンフレットなどで確認できます。

残念ながら、介護事業所には悪質な労働環境の職場はあります。次々と辞めていくような職場はいいとはいえません。

求人が常に出ているような事業所も働きにくい問題がある可能性があります。

介護業界は狭いので、どこどこの事業所はよくないと評判が出回っていることもあります。

就職先は、雇用契約を結ぶ前に、よくよく調べて、慎重に決めることをお勧めします。

学校経由で探す

求職をする場合、学校に所属している学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報は流れてきますので、教員とも関係していて、仕事を選ぶときよい材料になります。

実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることがあります。

すでに、卒業している人や転職で介護福祉士の求職をする場合は、職業安定所や福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

福祉人材センターを利用する

職業安定所(ハローワーク)では、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

仕事体験談