専門介護福祉士とは

介護福祉士としてステップアップ

介護サービスの需要が年々高まっている今、国家資格である介護福祉士のキャリアパスを新たに作り、より多くの実力ある専門的な人材を育成しようという動きが進んでいます。

介護系職種のうち、現在、唯一の国家資格である「介護福祉士」ですが、介護福祉士の有資格者がさらなるスキルアップ、キャリアアップを目指す際に取得できる資格のひとつが「専門介護福祉士」です。

介護福祉士を取得してそれで終わりになるのではなく、管理職として後輩の教育や指導に携わったり、より専門性が必要とされる現場で働いたりする際に、専門介護福祉士の活躍が期待されます。

専門介護福祉士は、一定の実務経験や研修の履修などが条件となります。「認知症ケア」や「施設の運営管理」など専門分野に応じて研修を履修していくことになります。

介護福祉士会が認定

国家資格の介護福祉士と違い、専門介護福祉士は「日本介護福祉士会」という介護福祉士の職能団体が認定する仕組みになっています。

この介護福祉士会とは、現場で働く介護福祉士が加入する民間の団体です。介護福祉士の資格を持っていても、必ずしも加入する必要はありません。

全国組織で、各都道府県に支部があります。支部によって、会費の料金は違いますし、活動内容もいろいろです。

そんな介護福祉士会が介護福祉士を取得しているということを条件に、一定期間の実務経験を得て、指定研修を受講した者が認定の対象となります。

介護職員をとりまく制度の変化

厚生労働省は、介護福祉士が資格取得後にキャリアアップをしていくことにより、職場環境の改善や能力の開発を目指しています。

近年、介護系職種の整備が進んでおり、そのひとつとして、「ホームヘルパー2級」が「介護職員初任者研修」に移行するなどの動きもありました。

こうした流れによって、今後は基本的には介護職を国家資格である介護福祉士に一本化する運びとなり、国家資格取得の前段階として介護職員初任者研修が位置付けられています。

介護福祉士になってからも明確なキャリアパスがあれば、安心して専門性を高めやすいですし、スキルアップすることで給与や待遇面の向上につながれば、さらなる人材の定着につながるものと考えられています。

仕事体験談