介護福祉士の正社員以外の働き方

パート・アルバイトの求人

介護福祉士の正社員以外の求人は多くあります。

訪問介護事業所のホームヘルパー、デイサービスの介護スタッフ、施設の入浴時の介護スタッフなど、そのほとんどが短時間の時給制の仕事です。

介護福祉士の正社員の仕事は、施設の中心的な職員です。介護は24時間行われるものであり、夜勤をすることで利用者の変化に気づくことができます。

たとえば、認知症の高齢者は昼と夜の様子は違います。

夜になると歩き回る人、不眠で昼は眠っている人など、利用者の方の生活の全体を見るには、交代で24時間勤務できる職員が必要です。

正社員以外の仕事で、夜勤専門で働くところもありますが、多くは短時間で日中勤務の仕事ばかりです。

訪問介護事業所のホームヘルパーは非常勤ですが、サービス提供責任者(主任ヘルパー)は、正社員で占めます。

事業所に常時いなくてはいけない仕事なので、短時間のパート・アルバイトということは無理なのです。

働きやすい仕事の仕方

正社員以外で働くメリットは、正社員よりも勤務時間・日数が少ないことです。

収入が欲しい人や福利厚生、社会保険をかけてほしい人は正社員の方が安定していていいでしょう。

子どもが小さいとか、他に仕事を持っていたり、学校に通っていたりと人それぞれで仕事の雇用形態を選ぶときには理由があります。

ヘルパーの資格を持ち、正社員以外で働きながら、実務経験を得て、介護福祉士やケアマネジャーを取得する人も多いようです。

正社員以外でも介護の実務経験は正社員と同じように得られます。

また、これから介護の実務経験を積みたい人も、正社員以外で働きながら日中の空いた時間で勉強している人もいるようです。

勤務時間・日数が少ない分、職場の複雑な人間関係に悩むことがないという人もいます。

正社員以外で働く場合、一番問題になってくるのが収入です。

低い時給で働くことになり、ヘルパーであれば、仕事がキャンセルになって収入が少なくなることもしばしばあります。

家族を養って生計をたてていくのは厳しいといえるでしょう。

仕事体験談