介護福祉士の仕事の魅力

発展する福祉業界

介護福祉士の仕事は待遇が良くないといわれていますが、最近では、介護福祉士の社会的地位や給与水準を上げようと、国の施策がとられており、一度資格を取得すると、ほとんど失業に困ることなく、どの介護現場でも安定して働くことができます。

以前は、パートの女性が中心の仕事でしたが、新卒の男性介護福祉士も増えてきています。

また、介護保険制度により介護業界の成長が著しく、将来的にも長く需要のある成長産業のひとつといえます。

日本の高齢化率は世界トップで、これまでは他国を見習って制度や人材が整えられてきましたが、現在の日本では、確実に介護福祉士の活躍の場は広がっています。

社会的貢献度の大きい仕事として、また専門職として、介護福祉士は信頼される国家資格として成熟してきています。

自己成長できる仕事

介護福祉士の仕事には、あまり学歴や転職のハンデがなく、性別、年齢に関係なく、いつからでも働くことができます。

というのも、介護業界は仕事の内容がハードなので、離職率が高く、常に人材不足という状態だからです。

そのため、求人数は多く、また自分と会社との相性もあるので、合わないと思ったら、すぐに辞めて他のところで働く人も多いのがこの業界の現状です。

低賃金ではありますが、不景気に左右されることがなく、安定した収入が望めるのは魅力といえるでしょう。

豪華な生活とはいかないかもしれませんが、堅実に生きていくことができます。

そして、なによりも、障害を持つ人や高齢者の方から学ぶことは多いです。

昔の日本と違って、今では核家族が当たり前。そうなると、なかなか高齢者の生活を見ることは少なくなっており、高齢期について現実的に知る機会が減っています。

いつかは自分も年をとり介護が必要になるといったことや親の介護に直面したらといったことなど、若い世代では高齢者の介護から学ぶことが多いようです。

そして、この仕事は、毎日が変化に飛んでいて、新たな発見や充実感があり、人として成長できるといえます。

介護福祉士は、専門職としての自己研鑽が必要です。

いろいろな出会いを通して、学び、自分を磨くことができるのは、この仕事の一番の魅力といってもいいかもしれません。

仕事体験談