介護福祉士の勤務時間、休日

施設で働く介護福祉士の勤務時間

福祉施設では、介護を24時間必要とする重度の方が多く利用されているので、そこで働く介護職員は24時間交代で働きます。

「日勤」と「夜勤(当直)」のシフト制勤務が一般的ですが、施設によっては「早番(早出)」や「遅番(遅出)」が入ることもあります。

介護士の人数が足りていないところでは、ハードな労働環境となることを覚悟しておく必要があります。

日勤では、一般的な企業で働くのと同じように、朝の8時30分や9時頃に始まり、終業時間は17時、17時30分頃です。日勤では、夜勤者からの「申し送り」業務から、その日の仕事が開始されます。

利用者の方々の夜の様子を日勤者に伝えることが申し送りの時間です。施設によっては、夜勤専門の職員を雇うことがあります。

夜勤は、施設の夕食時間が始まる頃に仕事に入り、日勤者から昼の情報を申し送りしてもらいます。

この時間帯に、日勤者と夜勤者はうまく業務をバトンタッチして、1日の仕事を回転しています。

ただし、実際の介護の仕事以外にも、多くの書類を作成する必要があり、残業をして事務作業をすることも少なくありません。

在宅で働く介護福祉士の勤務時間

在宅で働く介護福祉士の場合、訪問介護(ホームヘルプ)やデイサービスなどの仕事があります。

デイサービスでは、通所して利用するものなので、そこで働く介護福祉士は、施設のような夜勤はなく、日勤業務のみになります。

デイサービスでは、利用者の方々の家に訪問して出迎えに行くこともあります。パート勤務で、朝の出迎えだけの仕事や日中の一番忙しい時間帯の入浴介護の時間帯の仕事もあるようです。

訪問介護事業所に勤める介護福祉士では、サービス提供責任者(主任ヘルパー)の仕事は、朝8時頃から17時頃までのパターンが多いようですが、常に会社の携帯電話をオンにして、緊急時の対応に備える構えが必要です。

ヘルパーの仕事では、24時間在宅サービスを行っている事業所に入れば、深夜勤務もあります。

非常勤のヘルパーの場合、基本的には自分の都合のよい時間帯で働くので、定時に仕事が始まり終わるということはないようです。

休日

介護の仕事は、土日や祝日だからといって休みになるわけではありません。

利用者の多くは365日常に介護サービスを必要とするため、介護福祉士も決まった休日をとるわけではなく、スタッフが交代でとることが一般的です。

勤務先によって、固定の曜日が休みになることもあれば、不定期で週に2日程度の休みが入ることもあります。

月に数日程度は、自分が希望する日を休みにすることができる施設もあるようです。

他のスタッフとの調整で連休をとることも可能ですが、人手不足の職場ではなかなか長期の休みをとるのは難しいようです。

仕事体験談