介護福祉士は海外で働ける?

介護福祉士の資格で海外就職?

介護福祉士が、海外の老人ホームで働くことは可能なのでしょうか。

実際に、海外の事業者に雇用されるには、ビザの問題があるので、日本で介護の仕事を探すのとは大きく違います。

どこの国でも、自国民の雇用が第一なので、外国人の雇用には慎重です。

言葉の問題だけではなく、移民問題や不法就労など多くの問題があるので、どんなに介護の人材が不足しているといっても、どんどん外国人を雇うといった国はありません。

先進国の多くは高齢化が進んでおり、介護の人材は常に不足しています。

いくつかの国では移民政策の一つに、介護労働者を積極的に受け入れる国や州がありますが、そうは言っても、日本の介護福祉士の資格をそのままその国で使用できるわけではありません。

イギリスの老人ホームで働く介護福祉士

福祉制度が古くから早い時期に発展してきた国として、イギリスの介護福祉を例に挙げます。

イギリスにも、介護サービス事業者が日本と同じように展開されています。

国の制度は異なりますが、介護従事者は、資格を持った介護職員(ケアラー、またはケアギバーと呼ばれています。)が介護のプロとして、老人ホームなどで働いています。

日本の介護福祉士がイギリスの老人ホームで働くには、まずはイギリスの資格制度のもとで、トレーニングを受けてケアラーとして働く資格を得る必要があります。もちろん英語力は必須です。

基本的に、介護の知識や技術は国を超えても変わりないものです。

具体的には、食事の介助や排泄の仕方、着替えの介助方法、入浴介助や見守り、誘導など、文化の違いさえ乗り越えれば日本で学んだことや実践したことは使えます。

この文化の違いということころが大きなポイントになります。

イギリスでは、介護者の腰痛予防や安全性などを考慮して、無理に人を持ち上げて介護をすることがないように、福祉用具やリフト補助具などを使うことが法律によって決められています。

例を挙げると、転倒した利用者の方がいて、日本のように介護者が自分の身体を使ってベッドまで運ぶのではなく、そこは福祉用具のリフトを使って利用者をベッドにお連れするのです。

また、イギリスには集団入浴といった日本の銭湯のような概念がないので、一般的に個浴です。

集団ではなく、個を尊重すること、プライバシーへの配慮はパーソナルケアをする際、大切な視点です。

日本においても、介護の仕事は、利用者の方の生活に入っていき、その方の生活や文化を尊重しながら介護サービスを提供します。

そう考えてみると、海外であっても、介護のプロであれば十分に介護福祉士としての知識や経験、技術を活かして活躍することができるはずです。

しかし、言葉の問題以上に、実は文化や相手を尊重する姿勢、柔軟さなどが大事となってくると思われます。

ちなみに、イギリスの老人ホームでは、利用者も介護スタッフもティーカップをいつも身の回りに置いていて、紅茶を飲んでビスケットをかじりながら一日を過ごしています。

優雅な光景に日本の介護福祉士は働きすぎだと感じることでしょう。

仕事体験談