介護福祉士の需要

介護福祉士のニーズ

日本は世界にまれにみる速さで、高齢化が進行しています。

2000年に介護保険制度がスタートしてから、介護サービスを提供する事業所、デイサービスやグループホーム、ホームヘルパーを派遣する会社などが軒並みに増加しています。

これらの介護の職場では、慢性的に介護の人材が不足している状態です。

介護福祉士は、介護のどの職場の中でも、管理職や主任クラスの介護職員として、仕事をすることが期待され、重要な役割を持っています。

そして、介護福祉士の社会的評価も着々と上がっており、民間の介護の資格がいろいろとある中で、国家資格の介護福祉士は現場では信頼度が高いものとなっています。

今後はますます介護のニーズが高まり、介護サービスが充実していくにつれ、介護福祉士の必要性が高まっていくでしょう。

介護福祉士の需要は高まる

介護の仕事をする際に、介護福祉士の資格取得を義務付けようとする動きがあります。

介護報酬の改正が行われ、介護福祉士を配置していれば行政から援助がもらえることになりました。

たとえば、デイサービスに介護福祉士を40%配置している、また、老人福祉施設で50%の介護福祉士が配置されているなど、介護福祉士の雇用割合をクリアしていたら行政からの援助があるというものです。

そのため、今後は介護福祉士の資格取得者がより優遇されるようになるでしょう。

介護保険制度のもと、介護報酬は事業所の直接の収益になるので、雇う側としては、介護福祉士を採用したい傾向は高まる一方です。

しかし、介護の仕事は低賃金で労働環境は厳しいため、人材確保は難しく、離職率も高いので、それが介護現場の悩みの種となっています。

将来的には、まだまだ日本は高齢者人口が増えているので、介護福祉士の需要は続くものと考えられます。

仕事体験談