医療介護福祉士とは

医療介護福祉士は民間資格

介護福祉士が国家資格であるのに対し、医療介護福祉士は「一般社団法人 日本慢性期医療協会」が認定する民間の資格です。

2010年に資格制度がスタートし、所定の研修を受講することによって、資格を得ることができます。

医療介護福祉士のねらいは、医療機関や介護保険施設において「チーム医療」の一員として力を発揮できる介護福祉士を育成することです。

介護福祉士が働く現場には医療依存度の高い患者・利用者もいるため、介護技術のみならず、医学的知識をも併せ持つ介護福祉士の需要が高まっています。

医療介護福祉士は、こうした社会的ニーズに応えるために作られた資格となっています。

医療介護福祉士になるには

医療介護福祉士講座の受講対象となるのは、「介護福祉士としての実務経験が1年以上ある人」です。

研修期間は6日間、24単位(講義と現場実習)を取得し、修了テストに合格することで、医療介護福祉士の認定書が授与されます。

参加費用は一般参加で9万円、日本慢性期医療協会会員施設に勤務する介護福祉士であれば7万円になります。

講座内容は、脳血管疾患管理や口腔ケア、リハビリテーション介護、胃ろうの管理、排泄ケア、薬や検査といった医学的知識についての講義と施設実習が行われます。

気を付けておきたいこと

注意しておきたいのは、この講座を修了したからといって、医師のような医療行為ができるというわけではないことです。

また、医療介護福祉士自体は国家資格ではありません。

あくまでも、医療介護福祉士は国家資格を持つ介護福祉士であることを前提に、さらなるスキルアップやキャリアアップを目指す場合に得ることができる民間資格である、と捉えておくとわかりやすいでしょう。

かつて、介護福祉士がキャリアップを考えるときは「ケアマネジャー」を目指すのが一般的でしたが、介護福祉士として、より仕事の中身を充実、発展させていくためのひとつの方法として、医療介護福祉士の資格が誕生しています。

仕事体験談