介護福祉士は激務?

介護福祉士の激務な職場

介護福祉士の仕事は人の役立つ立派な仕事という反面、激務ともいえる仕事で、とにかく収入が少ないことで給与に不安がある人は実際多いようです。

施設で一緒に働く看護職と比較すると一目瞭然です。

看護職と同じように夜勤をして早出をして働きますが、介護職員の給与の方は看護師よりも大幅に低いです。

実際に、施設などで働く介護福祉士は、施設により若干異なりますが、早出・夜勤手当や残業代を入れても、額面で月給18万円から20万円ぐらい、手取りで15万円から18万円くらいのところが多いようです。

施設には身体介護が必要な利用者の方が大勢いますので、仕事の中身はおむつ交換や排せつ介助なども含まれます。

特別養護老人ホームや老人保健施設、身体障害者の寮護施設など、泊まりで介護をする介護職員の仕事は激務であるかもしれません。

夜勤のないデイサービスの仕事には夜勤はないので、身体的には楽ですが、収入は激減します。また、正社員ではなくパートとして雇用するパターンが多いようです。

介護主任やリーダーをすれば、月給は手取り20万円以上はもらえますが、ストレスは相当かかります。

どの介護の職場でも、介護福祉士の仕事は人間相手。人の生活を支える仕事なので、責任ある分、やりがいや大変さを感じるものです。

ですが、それに見合った給与とはいえないのが現実です。

身体や精神に負担が大きい介護

施設勤務の介護福祉士は、変則勤務で夜勤をこなします。それに、早出や残業などもあります。

世間が正月や盆、ゴールデンウィークで長期休暇に入っても、介護職員は交代で仕事があります。

この業界は常に人材不足なので、有給休暇の取得も厳しいところが多いようです。

施設で行事や研修があれば、仕事が休みでも参加することが奨励されていて、ボランティア的な要素が強い職場もあります。

その辺りは、施設の人間関係や職場の文化・考え方に強く影響されていることが多いです。

人間関係の悪いところでは、辞めていく人も多いので、さらに人手不足。

待遇の悪いところ、人材を大事に育てようとしていないようなところで働くと、さらに労働環境は整っておらず、激務となることが考えられます。

夜勤は日勤務よりも職員体制が少なく、深夜働くのは身体や精神に負担がかかります。

身体介護で無理をすると、腰痛の原因にもなります。介護の仕事では、上手くストレス発散をして、腰痛防止をするなど、心身ともにメンテナンスをしていくことが大切です。

仕事体験談