介護福祉士国家試験の難易度、合格率

介護福祉士国家試験の難易度、合格率

介護福祉士の資格について

介護の仕事をするにあたり、資格は必ずしも必要ではありませんが、介護福祉士の資格を持っていることが採用条件となっている場合があるため、介護の仕事を目指すのであれば資格を取得しておいたほうが有利です。

介護福祉士になるには

試験の合格基準

介護福祉士の国家試験には、現在、筆記試験と実技試験の2通りがあります。筆記試験も実技試験も合格基準は同様に、「問題の総得点の60パーセント程度を基準としており、問題の難易度で補正した点数以上の得点」とされています。

筆記試験については、試験科目10科目で、すべて得点がなくてはいけません。

試験は、配点1問1点で120満点になります。

筆記試験の10科目とは、

1.人間の尊厳と自立、介護の基本
2.人間関係とコミュニケーション、コミュニケーションの技術
3.社会の理解
4.生活支援技術
5.介護過程
6.発達と老化の理解
7.認知症の理解
8.障害の理解
9.こころとからだのしくみ
10.総合問題

となっています。

試験範囲は広範に渡っていますが、国家試験の中では難関という部類に入るものではなく、しっかりと勉強しておけば合格できる難易度といえるでしょう。

介護福祉士国家試験受験者数の推移

介護福祉士国家試験の受験者数は、13万〜15万人前後で推移しています。平成27年度の受験者数は前年より若干減少し、152,573人となりました。
介護福祉士国家試験受験者数_27

介護福祉士国家試験合格率

介護福祉士国家試験の合格率は、平成23年度試験から60%台を維持していましたが、平成27年度試験の合格率は60%を切り、57.9%となっています。
介護福祉士国家試験合格率_27

平成27年度 介護福祉士国家試験 合格者男女比

平成27年度の介護福祉士国家試験の男女別の合格者数は、男性24,869人、女性63,431人で、比率にすると男性が28.2%、女性が71.8%となっています。
介護福祉士国家試験合格者男女比率_27

平成27年度 介護福祉士国家試験 受験資格別受験者数

平成27年度の介護福祉士国家試験受験資格別の受験者数は、「社会福祉施設の介護職員等」が95,715人と最も多く、次いで「老人福祉施設の介護職員等」の84,158人となっています。
介護福祉士国家試験受験資格別受験者数_27

平成27年度 介護福祉士国家試験 受験資格別合格率

受験資格別の合格率では、「保護施設、児童福祉施設の介護職員等」が68.1%と最も高く、次いで福祉系高等学校(専攻科を含む)」の67.1%、「障害者福祉施設の介護職員等」の66.7%となっています。
介護福祉士国家試験受験資格別合格率_27

平成27年度 介護福祉士国家試験年齢別合格者数

平成27年の介護福祉士国家試験の年齢別合格者数は、41歳から50歳までが26,826人で最も多く、続いて、31歳から40歳までが21,395人となっています。

介護福祉士国家試験年齢別合格者数_27

平成27年度 介護福祉士国家試験の概要

試験日 ・筆記試験:平成28年1月24日(日曜日)
・実技試験:平成28年3月6日(日曜日)”
申込書受付 平成27年8月5日(木曜日)から9月4日(金曜日)
試験地

筆記試験

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

実技試験

北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

受験資格 (1) 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方(平成28年1月23日までに3年以上の受験資格を満たす方を含みます)
(2) 高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方(平成28年3月31日までに卒業見込みの方を含みます)
(3) 特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、介護等の業務に従事(在職期間:9ヶ月以上、実働日数:135日以上)した方(平成28年1月23日までに9ヶ月以上の実務経験を満たす方を含みます)
試験科目

1 筆記試験(10科目群)

人間の尊厳と自立、介護の基本、 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、 社会の理解、 生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、 こころとからだのしくみ、 総合問題

2 実技試験

介護等に関する専門的技能

合格基準

筆記試験の合格基準

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
イ アを満たした者のうち、以下の試験科目10科目群すべてにおいて得点があった者。
1.人間の尊厳と自立、介護の基本
2.人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
3.社会の理解
4.生活支援技術
5.介護過程
6.発達と老化の理解
7.認知症の理解
8.障害の理解
9.こころとからだのしくみ
10.総合問題
(注意)配点は、1問1点の120点満点である。

実技試験の合格基準

課題の総得点の60%程度を基準として、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を実技試験の合格者とする。

合格率 57.9%(平成27年度)
合格発表 3月28日(月曜日)
受験料 10,650円
詳細情報 財団法人 社会福祉振興・試験センター

仕事体験談