ワーキングホリデーでの海外ツアーガイド

海外ツアーガイドは、その名の通り、海外でツアーガイドの仕事を行います。

なるための方法は国によって異なってくるものの、基本的に海外の現地で働くためには「就労ビザ」が求められたり、その国の永住権を取得する必要があるため、ハードルは若干高いといえるでしょう。

しかし、もっと気軽に海外ツアーガイドの仕事に就く方法として、「ワーキングホリデービザ」を利用して仕事をするという選択肢が挙げられます。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーは海外旅行とは異なり、「長期滞在が許されるビザ制度」のことをいいます。

このビザを利用するには「申請時18歳から30歳(一部例外あり)の日本国民であること」という決まりがありますが、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国であれば、現地で1〜2年間の滞在ができ、その間は就学や就労をしながら生活をすることが可能です。

実際、ワーキングホリデーを利用する人は、現地の語学学校に通いながらアルバイトをしたり、現地企業で仕事をしたりすることが多いです。

「海外で生活しながら就労経験も積める」という点は、大きな魅力といえるでしょう。

ツアーガイドの仕事を見つけるには

ワーキングホリデーを利用してツアーガイドの仕事をしたいと思った場合、ワーキングホリデーの歴史が長いオーストラリア、あるいはニュージーランド、カナダなどに行く人が多いようです。

日本人観光客が多い地域であれば、それなりにツアーガイドの需要があるようです。

基本的には現地に行ってから、周囲の人のクチコミやインターネットなどを使って情報を集め、仕事を見つけことになります。

もし現地で語学学校に通うのならば、仲間や学校を通じて仕事の情報を集めることができるでしょう。

ツアーガイドは、基本的に日本人観光客を相手にします。そのため、ワーキングホリデーで働く場合は、そこまで高い英語力が求められないケースも多いようです。

ただし、現地で生活する以上、英語が話せるに越したことはありませんし、語学力があることで、より難易度の高い仕事を任せてもらえる可能性もあります。

いずれにせよ、仕事は黙っていて見つかるものではありません。

もしワーキングホリデーでツアーガイドの仕事をしたいのであれば、現地で積極的に行動し、情報を仕入れ、良い条件の仕事を見つけることが必要になってくるでしょう。