海外ツアーガイドへの転職

転職の際に求められるもの

「旅行が好き」「海外が好き」「人のお世話をするのが好き」という人なら、一度は海外ツアーガイドの仕事に憧れたことがあるかもしれません。

海外ツアーガイドは、世界のさまざまな国に訪れる日本人観光客に対して送迎や現地の案内などを行い、お客さまの旅が楽しいものになるようサポートします。

とても魅力的な仕事ですが、働く場は海外となるため、いざ他の職業から転職しようと思っても簡単にはいかないことも多いです。

最も大変なのは「就労ビザ」の取得です。

国によって取得ルールは異なりますが、一般的には雇用主からのオファーが必要になったり、費用も時間もかかります。ただし、就職する会社によってはビザの取得費を全額負担してくれるところもあるようです。

海外ツアーガイドの転職情報は、海外の仕事を扱う転職情報サイトや、現地の旅行会社のホームページなどで見つけられます。

その際、求められるスキルは「日常会話程度の英語力」や「接客業の経験」くらいで、特別な資格や経験は問われないことも多く、未経験でもスタートしやすい仕事だといえるでしょう。

ただし、体力を要する仕事であるため、「35歳〜40歳くらい」までの年齢制限を掲げている会社も比較的目立ちます。

ワーキングホリデービザを利用する人も多い

就労ビザの取得よりも、もっと気楽に働ける方法として、「ワーキングホリデービザ」を使ってガイドの仕事に就く人もいます。

ワーキングホリデービザには、「18歳〜30歳までの人(国によって異なります)」であれば、海外(日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国)の生活を楽しみながら、滞在資金を補う目的で現地で仕事ができるというメリットがあり、多くの人が利用しています。

実際に、日本の会社を退職してワーキングホリデーで渡航し、現地で学びながら海外ツアーガイドの仕事をするといった人もいるようです。

ただし、ワーキングホリデーで働く場合は、基本的に現地に着いてから仕事を探すことになるため、必ずしも望む通りに働けるとは限りません。

また、給料もアルバイトの時給とほとんど変わらないということもあるようです。