海外ツアーガイドの魅力

外国の文化や歴史に詳しくなれる

海外ツアーガイドの最大の魅力といえば、海外で働くことができ、その国の文化や歴史、風習などに詳しくなれることでしょう。

「外国の雰囲気が好き」「海外で生活しながら働きたい」という人にとっては、とても魅力的な仕事といえるのではないでしょうか。

その国に腰を据えて、現地に溶け込みながら生活することで、旅行で訪れるのとはまた違う体験ができるはずです。

また、お客さまに現地を案内していくことがツアーガイドの役割ですから、レストランや観光地、ショッピング店など、さまざまなスポットに詳しくなることができます。

一方、海外ツアーガイドは外国にいながらにして、多くの日本人と接することになります。そのため、日本のことをまた違った視点から見ることができるのも魅力といえるでしょう。

海外でガイドをしていく中で、「日本人はこういう考え方をするものだな」「こういう場所や食べ物が好きなんだな」といったような気付きが生まれてくるものです。

あらためて日本の魅力や良さを発見できるかもしれません。

人とのつながりが生まれる

海外ツアーガイドは、「一期一会」という言葉がピッタリの仕事かもしれません。

この仕事では、毎日たくさんのお客さまと出会えますが、コミュニケーションをとるのは「そのツアー限り」ということも多いです。

寂しさを感じることもありますが、だからこそ、毎回の出会いを大切に考えることができます。

一方、限られた時間の中でお客さまと深い信頼関係が築ければ、その後も連絡を取り合ったり、良い関係を継続できることもあります。年齢も、職業もさまざまな人々と出会えるのは、この仕事ならでは。

人とのつながりを大事ににしていく中で、自分の人生も充実させることができるでしょう。