海外ツアーガイドの1日

海外ツアーガイドのある1日

07:30 空港にお迎え

日本からの飛行機到着に合わせ、お客さまを空港の到着ロビーまで迎えに行きます。

お客さまと無事に会えたら、まずは笑顔で元気よく挨拶。

09:00 ホテル到着

送迎バスに荷物を載せ、お客さまと滞在先のホテルへと向かいます。車中では、旅程についての確認をしたり、現地の文化や慣習についての情報を提供したり、滞在中の注意事項等の説明を行います。

ホテルに到着したら、チェックイン。そのお手伝いすることも、ツアーガイドの重要な仕事の一部です。

フロントに荷物を預けて観光に出発します。

10:00 観光

バスに乗って観光名所を回りながら、各観光スポットの歴史などについて紹介していきます。

お客さまから次々と質問が飛んでくることもあるため、事前の勉強は欠かせません。

12:30 ランチ

現地の人々がたくさん来店する、オススメの大衆食堂へ案内。お客さまの食べ物の好みを事前に聞いていたので、とても喜んでもらえました。

14:00 ショッピング

話題のショッピングモールへお連れし、自由にショッピングを楽しんでもらいます。

免税について気にする方も多いので、わかりやすく情報を提供します。

16:00 ホテルへ

再びバスに乗り、ホテルへと戻ります。ディナーまで少し休憩をとっていただきます。

19:00 ディナー

お客さまが現地のレストランで食事を楽しめるよう、ディナーアシストをします。

レストランに同行してオーダーや会計方法をご案内し、安心して食事の時間を満喫していただきます。

食事が終わり次第、ホテルへお連れしてその日の業務は終了となります。

ツアー内容によって1日の過ごし方は異なる

上記に挙げたタイムテーブルはあくまでも一例であり、担当するツアーやお客さまによって、海外ツアーガイドの勤務パターンやサイクルはだいぶ異なります。

早朝から夜遅くまで働き通しになることもありますが、場合によっては、1日数時間の観光地案内のみを担当することもあります。

また、ツアー内容によってはお客さまと一緒に寝食を共にし、さまざまな観光スポットを巡ることもあります。

観光客が増える繁忙期や人手不足になるとあまり休めず、不規則な生活にもなりがちです。