海外ツアーガイドの語学力、英語力

海外ツアーガイドに語学力は必要?

海外のさまざまな国で観光客向けに案内を行うのが、海外ツアーガイドの役割。海外で働くとなると、高い英語力や語学力が必要なのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし実際、海外ツアーガイドはそれほど高い語学力が求められないことも多いです。なぜなら、基本的に日本人の海外ツアーガイドは、日本人観光客を相手にするからです。

その点では、英語や他の外国語よりも「正しい日本語」を使って、日本人とコミュニケーションを図れるほうが大事ともいえます。

外国語ができるに越したことはない

ただし、外国語が話せなくてよいかといえば、そういうわけにはいきません。ツアーガイドの仕事では、現地のバスドライバーやホテルスタッフ、空港スタッフと毎日のように接することになります。

現地スタッフは外国人ばかりですから、当然、英語を中心とする外国語で会話をすることになります。日常会話や簡単なビジネス会話程度の語学力は持っておく必要があるといえます。

また、海外で暮らしていく以上、日本語と同じようなレベルでコミュニケーションを図れたほうが何かと便利です。

ワーキングホリデーで語学力を高める

海外ツアーガイドとして海外で働きたいと思った場合、基本的には「就労ビザ」や「永住権」の取得が必要となるなど、働くまでのハードルは高めです。

そのため、現地に1〜2年間滞在しながら働ける「ワーキングホリデービザ」を利用する人が多くいます。

この場合、仕事をスタートした当初はそこまで高い英語力を持っておらず、同時に語学学校で学びながら語学力を高めていくケースが一般的なようです。

意欲さえあれば、現時点の語学力がさほど高くなくても心配はいらないでしょう。