家具職人のつらいこと・大変なこと・苦労

修行中心の生活に

家具職人として一人前になるまでには最低でも5年ほどかかるといわれています。この修業期間に耐えられるかどうかが家具職人としてやっていく上での第一関門です。

見習いの間は給料も安く、食べていくのがやっとであり、娯楽費等は削らざるをえません。

また、勤務時間外や休日も先輩の技術を見て学んだり、道具の手入れをしたり、展示会等に出かけたりと忙しく、仕事から完全に離れる時間は極めて少なくなります。

とはいえ、家具職人は皆、もともとモノづくりが好きであり、趣味と仕事の境界があまりないという人も多いので、このようなことを苦に感じることはないのかもしれません。

高い集中力を長時間維持

家具の製作は複数人で行うライン作業ではなく、材料の切り出しから完成までをすべて一人で受け持つ場合がほとんどです。

そのため、勤務時間内はもくもくと個人作業に徹することになります。

手がけている製品が完成まで漕ぎつけることができるかどうかは各々の集中力に左右されるといっても過言ではありません。

ときには一日中、誰とも話をせずに作業に没頭する日もあるようです。

長時間高い集中力を維持し、作業を継続させることは心身共に楽なことではありませんが、製品が完成したときの喜びは何にも代えがたいものになることでしょう。

体を痛めることも

腱鞘炎や肩こり、腰痛などの身体的な悩みは職人にはつきものです。接骨院等に通って定期的にケアしていても、痛みに耐えながら仕事に出る日もあります。

これらの痛みは、ある程度の慣れや日頃の運動、トレーニング等で緩和されるようですが、家具職人の永遠の悩みであることは間違いありません。

大手企業にどう立ち向かうか

このところ、市場には大量生産の安価な家具が多く流通しており、人々の人気を集めています。

この事実は、そのほとんどが職人の手作りであり、ミリ単位のオーダーメイドが可能な一方で価格としては割高な家具を手がける家具職人が大きな打撃を受けているという現状を生んでいます。

3Dプリンターなど機械の進歩も劇的に進んでおり、今後、家具市場での価格競争はますます激化するでしょう。

このような厳しい状況の中を生き抜くためには大手の家具製作会社との差別化をはかり、家具職人にしかなしえない技術で唯一無二の製品を世に生み出し、購買層に高い満足感を与えなければなりません。

価格では勝負できない分、試行錯誤しながら戦略を立て、顧客の獲得を目指すことは容易ではありませんが、自身の信念や誇りを胸に全国の家具職人が奮闘しています。