家具職人になるには

家具製作会社や工房に就職する

家具職人になるためには、どのようなプロセスを経たらよいのでしょうか。

家具職人には、中学校や高校を卒業してすぐ家具の道に入った人もいれば、転職によりさまざまな経歴をもった人もいます。

家具関連の学校もありますが、家具職人になるために、必ず必要な資格といったものはありません。家具製作会社や工房に就職をすることが、家具職人としてのスタートになります。

家具関連の学校に行く

家具製作を学べる学校には、職業訓練校や家具関連のスクールなどがあります。

学校で学んだ場合でも、いきなり家具職人として1人前になれるわけではなれるわけではありません。家具製作会社や工房へ就職し、下積みが必要です。

しかし、図面が読めることや機械や道具の使い方がわかっていることは強みになります。基礎知識を持った上で下積みを行う方が、技術の習得がスムーズに行えます。

また、学校で就職の斡旋を行っている場合もあります。

家具職人に直接弟子入りする

家具職人は、もともとは家具の知識が全くない状態で弟子入りすることが多い業界でした。

新卒時やあるいは転職などで、家具製作会社や工房に就職し、初めは見習いとして、ゼロから先輩職人のもとで学ぶケースは今でもあります。

高卒の場合においては、工業高校の建築科やインテリア科卒であれば、図面が読めるなど、学校での勉強を生かせる部分も多少はあります。

家具職人の資格

資格をとることで、家具職人としてのステップアップを図ることや技能の実力の証明ができます。

家具製作技能士

家具職人としての技能を認定する国家検定制度です。1級・2級があります。

木材加工用機械技能主任者

木材加工用機械を扱う作業場の安全管理を行う国家資格です。