家具職人の独立、開業

独立するために必要なこと

家具職人を目指す人の多くは、将来的には独立し、自らの理想とする家具の創作活動を行いたいと考えています。

独立して成功すれば、大きな収入を得られることもあるでしょう。

ですが、独立するためには、経験や知識、資金などが必要となります。それ以外にも経営スキルや人脈など、多様な能力が求められます。

独立するために必要な経験

家具職人は、技術を必要とする分野で、技量には個人差がありますので、独立できる力がつくまでの年数は、その人による部分が大きくあります。

また、家具職人になる前の経歴や、専門的な知識を学校などで学んでいるかによっても異なります。

制作する家具によって異なる数多くの機械を扱ったり、木材の状態に合わせた加工を行ったりするなど、センスだけでは補えない、経験が必要な部分が多くあります。

学校で基礎を学び、デザイン的な業務などの経験があるなど素養があり、ある程度の年齢である場合には、2年ほどで独立するケースもあります。

しかし一般的には、10年程勤務した後に、独立を考えるケースが多いようです。

独立するために必要な資金

家具職人として独立するためには、工房を用意し、家具の製作に必要な機械や道具を購入しなければなりません。

材料の仕入れ資金や工房の維持費用などの運転資金や、事業が軌道に乗るまでの生活資金も必要になります。

資金状況によっては、軌道に乗るまでは、アルバイトをする必要に迫られる場合もあります。

家具製作以外に必要な知識

独立して開業すると、経営者という立場になります。

人を雇える余裕ができるまでは、家具製作にとどまらず、自ら家具製作受注のための営業活動や、会計処理も行わなければなりません。簡単なPC操作は、習得しておく必要があります。

安定して仕事をもらうためには人脈も大切です。独立を目指す人は、独立前から人脈の構築を考えておいたほうがよいでしょう。