鍵師の仕事内容

鍵のトラブルを解決する

鍵屋は、お客さまから依頼を受けて、家や自動車などの鍵の複製をしたり、「鍵を無くしてしまってドアが開かない」といった際に、特別な技術を使って解錠をしたりする仕事です。

よく、ホームセンターや駅などの一角で見かける鍵屋さんでは、主に「合鍵を作ってほしい」といったニーズに応えるべく鍵の複製を行っていますが、鍵屋の腕が本当に発揮されるのは鍵のトラブルが起こった場合です。

ドアが開かなくなる理由はいくつかあります。

鍵穴に何らかの異物が詰まってしまっていることもあれば、お客さま自身が鍵を無くしたり盗まれたりといったこともあります。

また車の場合は、エンジンキーを挿しっぱなしにしたままドアを閉めてしまう、ということもあり得ます。

こうした場合、鍵師は特殊な道具を使って新しい鍵を作成したり、専門技術によって鍵を開けるなど都度対処します。

移動が多く、不規則な生活になりがちな仕事

鍵屋への仕事の依頼は、いつ入ってくるかわかりません。早朝から現場に出向くこともあれば、深夜に「鍵を無くしたから何とかしてほしい」と連絡が入ることもあります。

そして、休む間もなく依頼が立て続けにくることもあれば、1日に1つの現場だけ行って終わりといったように、ものすごく暇な日もときにはあります。

基本的に、鍵師はお客さまからの依頼ありきの仕事となるため、どうしても不安定な生活になりがちです。

また、鍵のトラブル対応は、基本的に現地に赴いて作業をすることになります。

初めて訪れた場所で、その場の状況を瞬時に判断して的確な対応をとらなくてはならないため、かなりの精神力や集中力を要します。

さらに、その日の依頼によって、自分が対応できる範囲内であちこち移動しなくてはならないため体力も必要とされます。