鍵師への転職

未経験からでも鍵師になれる?

最近、「手に職をつけて働ける」「独立開業しやすそう」といった理由で、異業種から鍵師への転職を考える人が増えているようです。

しかし、いざ転職をしようと思ったときに気になるのは、どのようなスキルが必要かということでしょう。

鍵師は、未経験からでも比較的目指しやすい仕事です。公的な資格は存在しませんし、特別な学校に通わなければなれないというものでもないからです。

ただし、職人的な要素が強いことは事実であり、確かな技術を持ち併せていなければ、お客さまのニーズに応えることはできません。

そこで、未経験者が鍵師を目指す方法しては、大きく以下の2通りが考えられます。

1.鍵師のスクールに通って基礎を学ぶ
2.鍵師として働いている人の下で経験を積む

鍵師のスクールでは、鍵の複製技術やピッキング方法、独立ノウハウなど、鍵師の仕事をするうえで必要となる基礎的なことが学べます。

ただし、いくらスクールに通ったとしても、知識や技術を現場で生かせなければ意味がありません。

この仕事では経験こそが財産となるため、いきなりプロの下で働ける環境が見つかれば、そちらの方法をとるほうが良いという声も聞かれます。

就職先がすぐ見つかるとは限らない

先に挙げた通り、鍵師には公的な資格がありません。

しかし、民間資格は存在しており、その代表的なものが「日本鍵師協会」が主催する「鍵師技能検定試験(二級・一級)」です。

就職するうえで、資格の有無が問われることはほとんどないようです。

ただし、資格を持っていれば一定レベルの技術や知識を身に付けていることがアピールできたり、実際に現場に出たときに役立つ場面もくるかもしれません。

鍵師を目指す人が増えている一方、鍵屋は飽和状態だともいわれており、すぐに理想の就職先が見つからない可能性もあります。

独立開業することもできますが、技術力に加えて営業ノウハウも必要になるため、未経験者がいきなり行うのはリスクを伴います。

鍵師を目指したいと考えている人は、このような厳しさも十分踏まえたうえで、計画的に転職活動を進めていくことをおすすめします。