鍵師の現状と将来性

成功するのは簡単ではない

近年、「手に職をつけたい」という理由で、鍵師を目指す人が増えているようです。

職人的な要素の大きい鍵師の仕事は、いつの時代もそれなりに安定してありますが、急激に増えるということは考えにくく、現在は飽和状態に入っているともいわれます。

鍵師には公的な資格が存在せず、誰でも技術を身に付ければ現場で働くことができます。

また、独立開業も比較的しやすいことから参入障壁は低いといえますが、それでも、この仕事一本で成功するのは簡単ではありません。

鍵師が得る利益の多くは、鍵の紛失をはじめとするトラブルの対応によるものです。

どうしても、お客さまからの依頼ありきの仕事になるため、自ら営業をかけていかなければ、なかなか安定して収入を得ることは難しいといえます。

鍵のIT化が進みつつある

鍵といっても、住宅の鍵、車の鍵、金庫の鍵…それぞれ、さまざまな種類の鍵があり、その仕組みも日々進化しています。

たとえば、現代ではスマートフォンアプリを使って鍵の開き閉めを管理する「スマートロック」という商品が登場しています。

こうした鍵が普及すれば、物理的な施錠が必要となる場面が激減し、従来の鍵師の技術は必要とされなくなっていくことが予想されます。

ただし、現状ではスマートロックの普及率はまだ非常に低く、従来の鍵の姿がこの先すぐになくなるとは考えにくいのも事実です。

今後も鍵のIT化が進み続けていくなか、鍵師も、また新しい技術や知識を身に付けていくことが必要になることでしょう。