鍵師の給料、年収

鍵屋に就職した場合

鍵師は、主に鍵屋に就職して働く人と、独立開業して自ら仕事をする人の2通りに分けられます。

鍵屋で働く場合は、一般的な会社員と同じように、お店(会社)から給料をもらって働くことになります。

給料は勤務先の規模や地域などによって異なりますが、正社員の場合は月収20万円程度、アルバイトやパートとして働く場合には、時給900円~950円程度からスタートすることが多いようです。

企業によってはボーナスの支給もあるなど比較的安定した収入が得られますが、鍵師の仕事は個人事業や小規模事業として行うところが多く、「大手」といえる会社はあまり多くないことから、そこまで大きな収入を望めないのが実情です。

独立開業した場合

独立開業した鍵師の収入は、技術力と営業力次第で大きく増減します。

たいていの鍵師は「1回の出張あたりいくら」という設定をしており、その額は、1件出向いて1万円~2万円程度が相場となっています。

つまり、仕事量が増えれば増えるほど収入は上がっていきますが、すべてが思惑通りにいくとは限りません。

鍵のトラブルはいつ発生するか読めないため、案件数にはどうしても波があります。

忙しいときは仕事が溢れかえりますが、まったく依頼が入らない日が続くこともあるなど、不安定になりがちです。

また近年、鍵師に対して「稼げる仕事」というイメージも根付いているようですが、実際に開業しようと思えば、車や解錠工具などの設備や、宣伝費などに相応の費用が必要となります。

経験がそのまま生きる職人的要素の強い仕事でもあるため、少し学んだ程度の人がいきなり大きく稼ぐのは非常に難しいです。

実際、年収1000万円以上を稼ぐような実力ある鍵師は一握りであり、よほどの技術力と営業力がなければ、高収入は期待できないといえます。