鍵師の資格・鍵師技能検定試験とは

鍵師に資格は必要?

「鍵師」と名乗って仕事をするためには、日本鍵師協会が主催する「鍵師技能検定試験」に合格し、認定される必要があります。

鍵関連の仕事をするだけであれば、特別な資格や学歴を持っている必要はありません。

専門技術や知識さえあれば、誰でも鍵の仕事をすることは可能です。

ただし、この検定試験に合格することで「公認鍵師資格所持」とアピールできるため、お客さまからの安心感や信用度の面では有利になるでしょう。

ここでは、鍵師技能検定試験の詳細について説明します。

鍵師技能検定試験について

鍵師技能検定試験は、基本的に「二級鍵師」と「一級鍵師」の2種類に分かれています。

二級試験は錠前全般についての専門的基礎知識を問う「筆記試験」と、決められた時間内に開錠する「実技試験」の両方が行われます。

受験資格は、「満年齢18才以上で、原則として日本国籍を有し、前科等のない者」です。

日本鍵師協会 二級鍵師技能検定試験

鍵師として、より高度な知識・技能があることを証明する一級試験を受けるためには、二級鍵師技能検定試験に合格し、協会へ登録を済ませていなくてはなりません。

さらに高度な知識・技能を有し、協会が特に優秀だと認めた人は「マスター鍵師」という試験を受けることも可能になります。

鍵師の資格を取得したいのであれば、まずは二級から段階を追ってステップアップしていく必要があります。

試験対策は?

鍵師技能検定試験は、鍵師として働くための専門的な問題が出題されるため、何の知識もない人がいきなり受けても合格は難しいでしょう。

日本鍵師協会では、本試験内容に完全準拠した7日間の講習会を開いており、これを受験することで合格にグッと近付くはずです。

なお、この7日間講習の受講者であれば講習中に試験の申込みができ、講習終了直後に試験を受験することが可能です。