鍵師の学校、スクール、講座

学校やスクールには通うべき?

鍵師になるために、必ず特定の学校やスクールに通わなければならないということはありません。

現在のところ、鍵師には公的な資格も存在しないため、専門知識や技術さえあれば、誰でも鍵師の仕事ができるようになります。

そのため、未経験から直接プロの鍵師に弟子入りして、現場でスキルアップをしていく道を選ぶ人も珍しくはありません。

ただし、まず基礎からしっかりと学び確実に就職につなげたいという場合には、鍵師に必要なことが学べる学校やスクールに通うという選択肢もあります。

鍵師の学校で学ぶこと

鍵師になるための学校では、主に鍵の解錠技術や、鍵の作成技術について学びます。

理論と実習の両方が組み込まれているところが多く、基礎的な知識をしっかりと身に付けたうえで、現場での応用力を高めていきます。

なかには、独立開業するために必要なノウハウまで指導してくれるところもあります。

鍵師を目指す人向けの学校やスクールの数はさほど多くありませんが、インターネットなどで探せば比較的簡単に見つかります。

学校によって、カリキュラムも料金をだいぶ異なるため、内容をよく比較して、自分の必要とすることが学べるところを探すとよいでしょう。

代表的な鍵師の学校

民間の鍵師スクールはいくつもありますが、最も代表的だといえるのが、日本鍵師協会が主催する「鍵師養成7日間講習」です。

こちらは、鍵師の民間資格である「鍵師技能検定試験」に完全準拠しており、業界内でも信頼性の高いものとなっています。

ちなみに「鍵師」という名称を使って仕事をできるのは、鍵師技能検定試験に合格し、協会に認定登録をした人のみとなっています。

なお、鍵師の学校やスクールでは、一般的な専門学校のように1年や2年といった長期間のカリキュラムが組まれていることはめったにありません。

数日~最長でも2ヵ月程度で、基礎を習得できるようになっているものがほとんどです。