科学者の給料・年収

大学勤務の場合の給料

科学者の給料は、どのような場所で勤務し、どのような立場で働くのかによってずいぶんと変わってくるといえるでしょう。

大学に勤める場合、教授など大学教員になれば満足いく収入が得られることが多いですが、博士号を取ったばかりの大半の人は「ポスドク」といわれる立場で働き、平均年収は300万円程度にとどまることもあるといわれています。

ポスドクの生活は決して楽なものではなく、大手企業に就職した新卒の学部生よりも、低い年収になることもあり得ます。

比較的待遇がよい大学だと、ポスドクでも年収500万円程度は得られるようですが、それくらいもらえる人は一握りと考えていたほうがよいでしょう。

収入をアップさせたいのであれば、早く助教授や教授へと昇進することを目指す必要がありますが、ポストの空きなどの要素もはらんでくるため、簡単な道ではありません。

ただし、優秀なポスドクには企業からヘッドハンティングがかかり、良い給料で転職する人もいるようです。

民間企業に勤める場合の給料

「研究開発職」として、民間企業の研究所に勤める科学者も少なくありませんが、こちらの場合も、すべての人が驚くほどよい給料をもらえるとは限りません。

一部の大手企業の年収は、一般の会社員の平均年収よりもずっと高く、経験を積んで昇進すれば年収1000万円に届くこともあります。

その一方で、年収400万円~500万円ほどで長く働いている若手の科学者もいます。

とくに日系企業では、博士号があってもさほど高く評価されないこともあり、各企業の他職種の人と同等の給与水準に設定されていることも多いようです。

研究職の採用を行う会社は、中小企業にも多く存在します。

もちろん給料も重要な要素にはなりますが、その場所で実現できることや、得られるであろう仕事のやりがいなども考えながら、勤務先を探すほうがよいかもしれません。