科学者になるには

まずは専門知識を身につける

科学者になるのであれば、自然科学についての専門知識を身につけることが必須です。

基本的には理系の分野となるため、大学は理学系学部へ進学し、専門分野についての学びを深めることが第一歩となります。

また、科学者は「学者」の一種であるため、大学卒業後には大学院へ進学し、修士課程を経て博士号の取得を目指す必要があります。

そして、大学院在籍中に研究を行って論文を書き、その内容が評価されることによって、その後の進路が決まってきます。

大学に所属するか、企業に就職するか

科学者の大半は、「大学に所属しながら研究を行う人」と、「企業に勤めながら研究を行う人」の2種類に分けられます。

前者の場合、最初から教授になれることはなく、「ポスドク」と呼ばれる任期付きの雇用形態を経て、助教授や講師、准教授を経て教授へとステップアップしていくことになります。

ただし、ポストが空いていない場合は大学に所属することは難しく、運やタイミングの要素も関わってくるといえるでしょう。

後者の場合は、製造業など民間企業の「研究職」として採用されるのが一般的です。

さまざまな業界において、事業の関連分野の高い専門性を持つ人材は評価されやすく、採用されれば研究所などで働くチャンスが得られます。

給料をもらいながら研究を続ける

大学で働くにしても、企業に勤めるにしても、基本的には給料をもらいながらそこの設備を利用して研究を行っていくことになります。

大学では新たな知見が見つかったら論文を書き、評価されることを目指しながら自らの地位を高めていくことになります。

大学での研究が比較的自由度が高いといわれている一方、会社勤めの場合は自社の製品の研究開発が中心となり、コストや生産性といった面まで考えて研究をする必要があります。

しかし、会社の持っているノウハウや技術を生かしながら「ものづくり」に携わることができ、経営にも貢献できる醍醐味を味わうことができるでしょう。

なお、企業で働く科学者は「研究者」と呼ばれることもあります。